ゴルフ コック の 仕方。

57
そうすることによって、右腕が内旋してくれますので、体の回転と腕の動きが同調して手元が体の近くを通過していくようになります また、平手打ちの要領で ボールを打つ瞬間に合わせて 素早く返そうとする人も居ようが そうした 手首の横の動きは ショットの再現性や正確性という観点から 極めて 問題の多いもので 避けるべき 打ち方である
つまり、それは A B C の動きを 異なる組合せで行った結果であるが、この様な形が作れれば レートヒットが出来る インサイドアウトの ゴルフ スイングが出来る可能性は 極めて 高くなる コックと聞いて、最初に白い帽子をかぶって料理を作るコックさんを連想する人もいるかもしれません
ですから実は、正確なコックとは右手を考える方が分かりやすいです 作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです
逆にコックをリリースするタイミングが遅くなってしまうと、振り遅れてしまいフェースが開きスライスしてしまったり、低い球になってしまったりします 右手首のヒンジの深まりを感じながら体を回転していくと、手元が体の近くを通過していることに気づくことができます
右手首が手のヒラ側、左手首が甲側に折れる「逆コック」はNGだ シャフトが長くなるため、腕の力だけではヘッドを走らせることができません
なぜなら、コックをすることによって、クラブはスイングプレーンに乗りやすくなるからです タイミングが合いやすい とゴルファーなら誰しも絶対スイングに必要な要素ばかりです
通常のスイングと同じでOKです 右ひざの位置・向きがズレないようにすることで、 上半身と下半身の捻転を作ることができます
3