ずっ こい 方言。

21
三拍名詞では、「朝日」「命」「姿」「涙」などの第五類に属する語が、西三河では中高型(あ さひが)だが、東三河では東京と同じく頭高型( あさひが)となる。 宇部市出身。 ただし、接続する動詞は限られており、「投げる」「捨てる」「入れる」といった、物を移動する動作の動詞に接続する傾向が強い。 3 ~しよう(意思・勧誘)。 ちゃんと。 名古屋弁では一般に使われないが、「ず」が清音化した「行かすと思う」のような表現は高齢層に残っている。 書ける:かがれる。 け・けー・げ・げー:~かい。 岩国市旧出身。 「どーらい」と変化することもある)、3. 話の相づちで、「そうなの」の意で「そっけ」の使用頻度が高い。
94