磐城 高校 甲子園。

再び、7月3日夕の母校のグラウンドの情景へ。

高校野球 [5月29日 12:58]• プロ野球 [5月29日 22:27]• さて、試合のほうは惜しくも3-4で敗戦となりましたが、後輩達のプレーに大いに興奮・感動させてもらいました。

(飯島啓史). 同月下旬には自身の異動も発表になった。

大声援があれば、あの大飛球はスタンドまで届いていたのではないかとか、大声援があったならもう一歩足が動いてアウトにできたのではないか、とか。

暮れなずむ7月3日夕。

音楽家としての道を選ぶ卒業生もおり、2003年度卒業生には黒金寛行 、多田将太郎 がいる。

16
自主性を重んじて、良い練習環境を作ってくれたからこその甲子園出場切符。 新たなチーム結成から8か月、チームとしても逞しくなってきているし、人としての成長も感じられるようになっていた。 高校野球 [5月28日 13:06]• 徹底した左投手対策をたてた磐城の作戦がこの日も見事に成功し、先制点をあげたことが大きな勝因であった。 ただ、私は自分の年齢(49歳)からも『これも人生だな』と受け入れることはできます。 静岡学園竹内も2回以降は立ち直り、磐城田村との投手戦となったが、9回、阿部、舟木、松崎の3安打で1死満塁。 だが、その年は春の地区大会初戦で敗退。 このころ、木村監督の他校への異動が決まっていた。 3連続完封で勝ち上がった桐蔭学園(神奈川)との決勝、大会34イニング目の初失点が決勝点となった。 プロ野球 [5月29日 22:32]• 沿革 [ ]• 初回、倉敷工は2死満塁とするが、磐城のエース山崎が三振に抑える。
15