ゴリランダー技構成。

特性考察 しんりょく そこそこの耐久と相性が良く、発動時の草技の火力はグラスフィールド補正を上回る。

同じく弱点保険発動トゲキッスは補正が足りずに火力指数は67080に。
エキスパンジョンパスの教え技。 この判断は大正解で、サイクルを回せなさそうだなと思うような攻めっ気のある構築相手に無類の強さを発揮し、相手のエースを無理やり1匹落とすことで、相手がこちらのサイクルを崩せなくなって勝ち、という状況を多く作れました。 回復効果も自身の耐久力の高さと相性が良い。 特攻の値は低めですが、 攻撃の値が高いので物理アタッカーとしての活躍が見込めます。 立ち回り この型のゴリランダーの立ち回りは以下の通りです。 一方、切り口を変えて考えてみましょう。 DDラリアット 悪 85 100 能力変化無視 対霊超。 10まんばりき 地 95 95 - 接触技。 みがわり 無 - 状態異常対策。 アーマーガアなら、ドラムアタックの能力ダウンも跳ね返す。
一方、シーズン18最終2桁構築には、最終1位を始めとしてウッドハンマーとグラススライダーを両採用した型が目立った。 意外と器用な立ち回りが可能 見た目とは裏腹に器用な立ち回りが可能なポケモン。 投げつけた道具はなくなる。 持ち物 弱点保険 この型はこれで決まりです。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 ドラムアタックとの相性が悪い。 。 参考にした構築のが残飯じゃなかったんですごめんなさい。 このことから、シーズン12には多くの既存組が使用率ベスト30から漏れる中、最終使用率8位を記録。
49