泉谷 しげる。

- 清志郎の死に際し、「あいつの死は受け入れたくない、葬儀にも行かないし、冥福も祈りたくない。 衝撃が走った。 (2016年) - 町長・大蔵 役• はまり込んでいったのも当然だった。 (2015年1月期、日本テレビ) - 徳次郎 役• このキッチンライブについて、泉谷しげるさんは 「以前出演した『プレバト』なるTV番組で料理部門まさかの2位となり~調子のっちまったンだよ!」 とブログに書いています。 16「終りをつげる」 この唄に出会ったのは高校時代だった。 さらに泉谷は「翌日は、やはり左腕が痛重く腕が余り上がらない」と接種から2日目にも症状があったことを明かした。 小野里晋之介• 「恋に別れを」「同じように生きて」「今日このごろ」 - 作詞のみ• たくさんの本も読んだけど、できればフォークの世界でよりどころを見つけたかった。 [ ] - ポニーキャニオンによる公式ページ• 第22回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品『還暦おやじは最年少〜今日を生きる16人が暮らす何もない島〜』(2013年、制作) - ナレーション• この唄の全体的なイメージとしては、東北地方から集団就職でやってきた若者が数年勤めてきた頃の小さな決意、とかいう内容である。 本人はドンドン変わっているわけだし、第一、どう思われようが気にしないような態度が泉谷には似合っている。 「犯行再現ビデオ」(1993年8月10日)• (2018年) - D・リンゴ 役• テレビ朝日開局55周年記念番組「」(2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) - キン 役• 実力俳優として今でもドラマに引っ張りだこなのです。
95

よく、批判的に「それらしき言葉を並べているだけ」と言われていたが、そうではない。

「」(2008年1月3日、NHK)• 話題になりました。

『唄の市ライヴ地上最大のショウ 泉谷VS古井戸』 「泉谷しげる・」名義、1979年• 「いろんな人にどなられ」「いろんな人にこずかれ」る経験から、「その時、彼のいうことは、僕のために言ってることだと思った」という、サラリーマンの泥臭い現実をいっぱい味わい、配達トラックで大汗かいて、「もう3年たったぞ!!」とか言ってたように思う。

俳優活動中心の時期を経て、80年代後半には、仲井戸麗市(後に脱退)、下山淳、吉田建、村上ポンタ秀一らによるバンド「LOSER」を従え、U2などにも通じるダイナミックなバンド演奏を披露。

「」(2006年7月17日、TBS)• 後に、デビュー前のスタジオ録音デモテープ集がアルバム『ベースメント・テープス』として発表される。

私は勝手にこの唄のサブタイトルを「自分を知った日」と名付けてみた。

69