相続 税 取得 費 加算。

なお平成26年12月31日以前に相続取得した土地を譲渡した場合、譲渡した土地以外の土地に対応した相続税についても、譲渡所得の取得費に加算できました。

12
回答 相続により取得した土地等の取得費は被相続人が取得した価額を引き継ぎます。 不動産の譲渡所得については、他の所得(給与所得等)と合算する総合課税ではなく、個別に税額を計算する分離課税方式となっています。 相続税の取得費加算の特例の観点でも、 不動産は売却せずに、相続発生後に譲渡するほうが良いと考えられます。 3-1.必要書類 確定申告書には次の書類を添付してください。 譲渡所得から差し引ける金額が増えるということになりますので、所得税の節税に繋がります。 相続税の申告期限は、相続の発生から10ヶ月以内となっており、申告期限を迎えるまでに遺産分割協議を終えることができていなかった場合には、法定相続割合で相続税の申告と納付を行うことになります。 取得費加算の特例による所得税の節税効果を十分発揮できない可能性があるため、特例の利用を検討している場合には代償分割を選ばないように注意しましょう。 ただ、複数筆からなる一団の土地を譲渡した場合において、その筆ごとに取得費加算額を計算すると、その算出される金額は社会通念上、合理的な金額ではないと考えられます。
27