アタック 級 潜水艦。

64

The second alternative is to operate a conventional diesel-electric submarine with sufficient fuel and battery power to transit the large operational ranges required by Australia, and to provide maximum range, endurance and stealth operating underwater , before having to resurface to and recharge batteries. 「おそらく水上タクシーにお達しが出た時点(4月10日~15日あたり)で結論は決まっていたのでしょう。

Archived from on 13 November 2007. The German Type 214 submarine employs advanced fuel cells that assist in delivering it comparable range and endurance to the Collins class. また、が日本の受注阻止に動いていた可能性が指摘されている が、中国はフランスの受注が正式決定したとの発表後、共産党機関紙のは「米国の西太平洋戦略を後方から支える戦力になる可能性が非常に高く、中国の安全保障にとってマイナスだ」と批判している。

なお、日豪政府間では、船舶の分野に関する共同研究が合意されており 、2014年7月8日には「防衛装備品及び技術の移転に関する日本国政府とオーストラリア政府との間の協定」が締結されている。

各国の売り込み [ ] の オーストラリアは原子力の軍事利用を禁止しているためは導入できないが、活動海域が広いため大型の通常動力潜水艦を希望していた。

建造はので行われた。

"Australia tests the water for its largest-ever defence procurement challenge". 2014年11月2日閲覧。

2030年代初頭に就役する予定だったスケジュールに遅延が見られること、建造コストが当初500億豪ドル(約4兆円)だったものが現在2020年7月には、897億豪ドル(約7兆2000億円)規模にまで高騰しており、オーストラリアのスコット・モリソン首相もこれを問題視しているという。

政権は、選挙時の公約の一つに、コリンズ級の次の潜水艦を国内で建造すると表明しており、そうりゅう型の完成型を輸入することは、この公約に反することになる。

現行の設計では、フランスの原子力潜水艦「バラクーダ級」の動力を変更しディーゼルとする案が採用されている。

TBD TBD See also [ ]• この後継艦計画は、"SEA1000"計画とも呼称される。

2018年12月に艦級名を アタック Attack 、1番艦名を HMAS Attackとすることが決定した。 さらに昨年7月には、897億豪ドル(約7兆2000億円)に更新された。 ジョンストンは、「ASC社員は世界クラスと考えている」と釈明、首相は、ASCの能力を擁護した。 オーストラリア国内では、コリンズ級の開発は「失敗」とする意見もある。 Initially, the Australian government promised that the government-owned ASC, the company responsible for building the Collins class, would build the new submarines. 理由として、スウェーデンが、ここ20年間、潜水艦を建造していないなどの実績不足を挙げている。 8 x 533 mm 21 in torpedo tubes• 動力を原子力へ変更するにはデザインの一新が必要でコスト増につながるほか、日本を含めた入札段階のディーゼルエンジン想定を根底から覆すことになり、問題化しそうだ。