ビル メンテナンス 業界。

効果的な事業戦略を立案するためには、的確な業界動向の調査が欠かせません。 まとめ 今回は、ビルメンテナンスの設備管理の仕事内容についてお伝えしてきました。 では、ここまで読んでいただきありがとうございました!. ではビルメンの就業者が爆発的に増えていくかと言うと、そんなことは無いでしょう。 背景としては、都市部を中心としたオフィスビルや商業施設、マンションなど大型・高層建築物の増加による需要拡大が考えられる。 ビルメン経験者は転職の際に予想以上に優遇されると思うので、とにかく1日でも早く 「経験者」になってしまうのがおすすめ。 そして、「AIがビルメンの仕事を全部やってしまってビルメンは必要無くなる」と言うことは無いと思います。 ビルメンテナンスの将来性 専門知識を増やす 現状では、ビルメンテナンスの将来性は十分にあるといえます。 数年後、十数年後の状況も見据えたうえで、早め早めに対処を行うことが大切だといえるのではないでしょうか。
62

その上昨今の人手不足が重なり、これからも現場は大変なことになっていくでしょう。

そうなると 未経験者がビルメンになるための重要なきっかけが失われ、経験者有利な転職市場へと様変わりしてしまうかもしれません。

2021年4月以降、中小企業においても「正社員と非正規労働者との間での不合理な待遇差」を是正すること(均等待遇)が求められます。

(2)ビルメンテナンス業界に「コロナ禍」で起きること ビルメンテナンスは「不況に強い安定業種」と言われています。

このデータ作成にあたっては、転職口コミサイト会社の評判から作成しました。

介護業界と同様に、人件費率が高い業界は非正規雇用が多かったりとなにかと不安定な世界です。

出典は、東京商工リサーチ「TSR中小企業経営指標」。

日本の住宅の平均使用年数は30年程度と欧米の100年以上と比較すると極めて短いことから、住宅の潜在的なメンテナンス需要も大きい。

36 55