水泳 いけえりかこ。

com 2015年4月30日• 2月12日、当時18歳の池江は白血病を告白し、長期療養することになった。

16年リオデジャネイロ五輪5位、18年パンパシフィック選手権で主要国際大会初優勝。

さらに同大会では、100mと200mの自由形も制した。

競泳選手以外でものやのとは親交が深く、頻繁に連絡を取り合い食事をする仲である。

日本水泳連盟が設定したこれらの種目の五輪派遣標準記録は、日本記録の更新が大前提となるようなきわめて厳しいものであったが、池江はいきなり大会初日の100mバタフライ準決勝で自身の持つ日本記録を0秒01更新すると、翌日の決勝でも派遣標準記録を切る57秒71で優勝して、この種目の代表権を獲得した。

それに伴い所属もそれまでの「ルネサンス亀戸」から単に「ルネサンス」へと変更された。

おかわりするために一生懸命ジャンケンしたり、みんなで笑いながら給食を食べられるのがすごく楽しかった」と答えている。

12月4日、の文化賞を受賞した。

53
読売新聞 2017年4月16日• 50m、100m、200m自由形、50m、100mバタフライの5種目にエントリーし、4日間で10レースを泳いだ池江は、ドーピング検査が長引いたことによる睡眠不足や 、食事を満足に取れずに体重を3kg落とすほどの過密スケジュールを物ともせず 、エントリーした種目すべてで優勝を果たした。 東京オリンピック2020 [7月12日 18:30]• 2018年5月23日、に向けての新体制として、中学時代から指導を受けて来たの元を離れ、元五輪代表のを新たなコーチとすることを発表。 日刊スポーツ 2015年8月9日• 池江璃花子 水泳の池江璃花子(20)が5日、ツイッターを更新。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 東京オリンピック2020 [7月13日 15:25]• 東京オリンピック2020 [7月10日 10:34]• 東京オリンピック2020 [7月14日 2:01]• 昨年12月の退院時、2024年パリオリンピック(五輪)でのメダル獲得を大目標に掲げた。 しかし、普通の成功のためには、特に高い才能も特に恵まれた環境や幸運も必要なく、物事をやり抜く力(グリット)や、努力し続けることで十分だとも言われています。 2015年8月19日• 50、100、200メートル自由形と50、100メートルバタフライの日本記録を保持する。
41