鬼 滅 の 刃 下弦。

無惨の屋敷で鬼殺隊の前に立ちはだかるが、激昂した善逸によりあっという間に討伐される。

がっ!! 「登場したー!」と思ったら「死んだー!」 登場してから死亡するまでの展開があまりにも早すぎて、紹介することが少なすぎた人物でした また、ネズミは黒死病を媒介したように、病気を伝染させる媒体 鬼の仲間 ともなるし、ネズミは病気の研究のときに実験体として使われる
下弦になるには、あまり明確な基準がありませんが、上弦になるにはあるといえるでしょう そのお願いを「無惨への命令」と捉えられ、無惨に殺害されます
柱になる条件 鬼殺隊の隊士が「柱」になるには、条件がある 十二支は、神様が動物達に声をかけて集めた
釜鵺(かまぬえ)下弦の陸 十二鬼月の一人で下弦の陸 善逸伝の考察修正 400億の男と呼ばれる炎柱が、痛快無比に大活躍する『鬼滅の刃 無限列車編』も、いよいよ家庭で楽しめることになった
血鬼術は鼓を叩くことで屋敷の部屋を入れ替えて攻撃を与える技 無惨はや、を好む所がある為に、当時の下弦達は碌な構想も野心もなく考えが甘すぎた所は否定できない
「上弦の壱」が1番強く、「下弦の陸」が最も弱い 最後の下弦・魘夢も炭治郎たちの闘いに敗れ、「下弦」は壊滅した
実力は未知であるが、響凱より強く、累より弱い程度なので、強い血気術は使えなかったと思われる 下弦の鬼はそれでもほかの鬼を圧倒する強さを誇り、鬼殺隊でも「柱」クラスの実力がなければ倒せないと見られている
累の家族は誰も累に逆らえないし圧倒的な力関係から恐怖で支配していました 真の力を手にしていたなら、義勇さんともいい勝負をしたかもしれません
しかし激しやすいを通り越してエキセントリックな性格で、話している内に平静さを失うのが常であり、こうなった時は自らの頭蓋を自ら撃ち抜く 【十二鬼月 下弦ノ伍 累】 人間だったころの名前は『綾木累』

総力戦を指揮する場合、指導者たるもの眼前の兵隊だけでなく、新たな戦力が投入されるシステムも視野に入れなくてはならない。

下弦の中でも上位の強さであれば、むしろかなり強い部類の鬼になります。

元・上弦の肆「半天狗」 凶悪な分身を生み出し戦う 半天狗は、常に何かに怯えるか弱い老人のような鬼です。

残念ながら作中では義勇さんに瞬殺された累ですが、全てを取り戻した姿であれば、ワンチャン勝てた可能性も本当にありそうですね! 【鬼滅の刃】下弦の伍・累の強さについてのまとめ 下弦の伍・累は、義勇さんに瞬殺されたため弱そうに感じます。

その際、いきなり50体の鬼を倒すことは難しい。