ミニ トマト 支柱 の 立て 方。

ミニトマトは、いちごと違って、虫や風などの自然環境によってある程度は受粉するので、そのまま放っておいても実はなります。

(3〜4年の休栽期間をおこう) 種から育てるのは大変だから苗から育てよう 発芽適温が高く育苗に時間がかかるので市販の苗を利用すると簡単に栽培できる。

月に1回と書かれている本もあるので何とも言えないが、つまりはミニトマトの生長の様子を見て追肥をあげればいいということだろう。

赤い矢印の脇芽の他にも2か所生えているのがお分かりだろうか? 実際に脇芽かきをやってみる。

<摘芯> 収穫目標にきめた最上段の花が咲いたら、または手の届かない高さなどになったら 茎の先端を切って成長を止めます。

また栽培の難易度としては、 大きいトマトよりもミニトマトの方が栽培がしやすい。

また、実がなった際には他にも注意点があります。

防除のために薬剤散布することも大切ですが、それ以前の耕種的防除(薬剤を散布せず、栽培管理で防除する手段)は更に大切になってきます。

39