農民 の 踊り。

また魔界軍の異形的姿には先人からの影響を如実に感じさせ、本作においては類稀な個性として圧倒的な存在感を示している。 宗教画であれば、怠惰な人間には罰がくだるところでありますが、ブリューゲル(父)のこの作品では、男たちはただ怠けているだけであり、どこかユーモラスな雰囲気も漂います。 なぜブリューゲルは、生涯の最後にあたり、平和で陽気な農村風景を描いたのだろうか。 簡単な踊り方と、熟練者用の踊り方がある。 しかし日本を見れば江戸時代でも遠近法を取り入れた絵画はわずかでした。 Hagen 2007: 22。 これは本主題は中世以来、文学者たちにも好まれた題材で、当時の人文学者たちは(当時の)欧州の混迷はカトリック(四旬節)とプロテスタント(謝肉祭)の対立にあると指摘していたことを典拠にしたと推測えられている。 以来となるネーデルランド絵画の巨匠となった。 「盲人の寓話」(1568年)は、15:14の「もし盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むであろう」という言葉に基づいた作品であり、人類の精神的盲目性を象徴している。
46
Hagen 2007: 15。 ブリューゲルの友人でありアントウェルペンの裕福な金融商人ニコラース・ヨンゲリンクの邸宅の装飾画として制作された連作月暦画は2ヶ月毎の生活を描いた合計6点からなる作品群の1点だと推測されている本作は、収穫時期が過ぎた10月・11月の冬にそなえ牧草地で蓄える家畜(牛)や農民らを描いた作品であると考えられている。 ブリューゲルの友人でありアントウェルペンの裕福な金融商人ニコラース・ヨンゲリンクの邸宅の装飾画として制作された連作月暦画は2ヶ月毎の生活を描いた合計6点からなる作品群の1点だと推測されている本作は、収穫の見込めない冬期(12月・1月)に農民たちがおこなう狩猟の風景を描いた作品であると考えられている。 本作は初期の代表作『』に登場する人物に似た者が描かれる点などから、おそらく2月・3月を描いた作品であると考えられる(2月は謝肉祭の月)。 農民が田植えの際に踊ったのが起源とされるこの『ヤンコ踊り』は、今日では祝祭日の行事や収穫祭、または新年を祝う祭りの行事として踊られるほか、無形文化としてダンス大会などで『ヤンコ踊り』の芸術性や表現力が競われるなど、中国の民族舞踊として幅広く定着している。 マンデルによれば、ブリューゲルはピーテル・クックのアトリエを去ってから、アントウェルペンの版画業者の下で働くようになった。 縮こまった心を表してるのかもしれませんね?私にはどうも陽気で楽しい農民の楽園を描いただけの絵ではない気がします。
19