眞子 様 結婚 宣言。

85
8日に立皇嗣の礼が行われ、30日の秋篠宮の誕生日会見は事前収録だから、眞子さまの文書発表のタイミングは13日しかなかったわけだ。 「宮内庁では、皇族方の中で眞子さまの結婚を応援しているのは美智子さまだけであると認識しています。 これ以上家族に迷惑をかけぬように』とかなり厳しい態度ではありますが、結婚を認めるようにシフトしておられます。 もしかしたら、これとは正反対の破談の発表があるかもしれません。 結婚が当事者の意思にそってなされるべきというのは、一個人なら当然だが、皇室は別だという考え方だ。 雅子さまは、はじめに眞子さまの小室圭さんを一途に想い続ける愛情について褒められ『できることなら眞子さんの気持ちを尊重したい』と仰られました。 仕方ないので、最近は、毎日更新してます。 日本のメディアの限界ですね。 しかし、続けて『ですが、もっと国民の声に素直に耳を傾けて』とも仰られたようです。
86
正直、今年2月にあって然りの文章でしたので『いまごろかよ』というのが率直な感想です 《眞子さまの結婚をめぐる一連の騒動は、「結婚においては当事者個人の気持ちが大事」という個人主義と、皇室については一市民と異なり家系にこだわるのは当然という「家」を重んじる考え方との相克だったと言える
「今年、入籍します」 幻の第一稿 このような、眞子さまの結婚実現への強い想いの込められた文書だが、実は、今回の発表文書に関しては、公表されることのなかった幻の第一稿が存在したという 3.無期延期 さらに無期延期を続ける可能性はあります
また『 そんなにお金に困っているのは誰? 困っていないなら家にいなさい』とお出かけの公務に良い顔をされません よく練られていると言いますか、穏当とは言えない文章だというのが率直な印象です」. に力のある弁護士事務所を批判すると、何か面倒なことになるということですよ
あえて言えば「家」が協力するかもしれませんが 興味ある方はぜひこの本を読んでほしい
宮内庁や皇室伝統を重んじる保守派は、象徴天皇制存続の為に良かれと思ってふるまっているのだろうが、それは危険な諸刃の刃と言える つまり、普通であってもなくても、皇室やの協力なしで結婚することはできないので、もう、無理と考えるのが自然ですね
捨てられたらどうするの?』と核心に迫る発言をぶつけました たった1分ほどの会話で、 天皇皇后両陛下が眞子さまの『気持ちを尊重』している、つまり結婚を認めているかのような書き方は問題があります」(宮内庁幹部) またさる侍従職も重い口を開けてくれた
皇室の伝統を重んじる立場からすれば、母子家庭で借金まで抱えた小室家は皇室と関わるのにふさわしくない、という見方が、結婚反対の論拠となる 『週刊文春』11月26日号には「お気持ち公表後、宮内庁には抗議や苦情の旨の電話が殺到した」という関係者談話が載っている
このような「消極的反対」という立場の秋篠宮ご夫妻に対し、「積極的賛成」の立場を表明していたのは佳子さまだ 本当に秋篠宮家の皇族教育は情け無いの一語です
》 《ことに雅子妃のような悲劇が続くと、今後、皇室に嫁ぐ女性を見つけるのが極めて困難になる どちらかが、相当に確いとなれば、アウトですが、どうでしょう