山梨 日 日 新聞。

山梨日日新聞百年史 1972年発行、199ページ。

、社説の盗用が外部からの指摘で発覚した。

野口家 [ ] 英一の曽祖父である野口英夫(1856年(3年)9月3日)-((11年)2月20日) は()出身であり、の門下生を経て(明治12年)に主筆、翌(明治13年)に社長となり 、以降野口家が山梨日日新聞や山梨放送をはじめとする山日YBSグループの経営権を握っており、歴代の会長及び社長は野口家から輩出している。

盗用の内容 [ ] 山梨日日新聞社によると、神戸新聞社説が「大臣は「すぐに取り消し、言い換えた」と弁明しているが、もちろんそれで済まされる失言ではない。

(平成12年)に発生したの際、筆頭株主であった山日YBSグループも解散やむなしの声が挙がる中、当時のチェアマンから懇願され運営の社長を同社から出向させた。

同紙は山梨初の新聞と言われる。

社長の野口は甲府市長も兼任しておりを受ける。

昭和初期には中央線短縮により中央紙が伸び苦境に立たされた。

盗用の認識はなかった」と弁解したが、一方で「著作権の点で気になっていた」とも述べ、著作権の侵害を認識して盗用を行っていたことを示唆した。

地上波の掲載順は2011年4月1日より、NHK甲府、YBS山梨放送、、UTYテレビ山梨、、の順。

一方、県はクラスターが発生した甲斐市の日本航空高校で19日までに、生徒45人と職員2人の計47人の感染を確認したと発表しました。

( 2020年5月) 山日テレビガイド [ ]• 「営業できて良かったが、このままでは経営は赤字になる」とおかみの渡辺美代子さん(69)。

54