ネパール 国旗。

三角形が2つに、赤地に青の縁取り、月と太陽の意匠、が施されています 白 の(ネパールのこっき)は、の王家と宰相家が使用していた2つのを組み合わせて簡略化したことに由来している
また、太陽から出ている12本の光線は12か月を表していて、1年を意味します <三角旗という形状や、三日月や太陽のデザインは、ヒンドゥー教の旗としてはよく見られるものである
鮮やかな紅はネパールの国花であるシャクナゲの色 八という数字にはね、とても沢山という意味が含まれているんですよ
今日はそんなネパール国旗を紹介します 今では、ヒマラヤの形と、二大宗教であるヒンズー教と仏教を意味しています
その憲法で国旗をはじめ、さまざまな公式制度が明確かつ詳細に定められました <歴史>三角旗という形状や、三日月や太陽のデザインは、ヒンドゥー教の旗としてはよく見られるものである
ネパールの由来 ネパールの国名の由来ですが、幾つか説があります ギザギザ型! たくさんある国旗の中でもすぐに見つけらるし、覚えてもらえそうなユニークな国旗ですね
カトマンズは盆地で、ここには古都からの建築遺跡が多く存在し、世界遺産として登録されているものがいくつかあります 誰かに切り取られたの・・・? 長方形じゃつまらなかったの・・・? いえいえ、 実はこの形、よ〜く見ると・・・ 三角形の旗を縦に2つくっ つけているんです! へぇ〜〜〜〜〜〜〜!!! なるほど、元は二つの旗だったわけですね
83
次は、縁取りです。 シャハ家の月の旗とラナ家の太陽の三角旗は、それぞれ別に長い間使われていたものの、ラナ家が実権を握ってからはシャハ家とラナ家の 両方の旗を重ね合わせて使うようになって行ったのでした。 下の三角の部分に取り掛かり、上から下に斜めに線を描く• 日本のシャクナゲのイメージとは違い、 ネパールではシャクナゲの木が20メートルにもなり、 これを目当てにトレッキングをする人も多いのだとか。 投稿者: 10月 23, 2017 に投稿された カテゴリ: ,• かつては、月と太陽の中には人の顔が描かれていた>。 <ネパール王国(シャー王朝)は、1768年に全国を統一したシャー家が王位を継承したが、19世紀半ば以降20世紀半ばまでラナ家が宰相職を世襲し、実質的にネパールを支配した。

つまりは・・・ 「ネパール王国で一番力を持っていた家の旗」 と・・・ 「その次に力を持っていた家の旗」 をくっつけて・・・ 「ネパール王国の旗の完成!」 ということにしちゃったわけです。

英語の動画ですが、どのように数学的に描いていくのか、見ているだけでもなかなか興味深いです。

旗の下部にギザギザの太陽(ギザギザの角は12個)を描く• 世界で唯一四角形ではない国旗である。

ネパールの国旗はなぜ長方形でないの? 国旗の形が長方形でない理由 ネパールの国旗はギザギザしているように見えますが、よく見ると三角形が2つくっついているようにも見えますね。

王家と宰相家の三角旗をくっつけて国旗にしていたそうだから、顔の部分がときどき変わっていたのだろうか。

08 日曜日 国旗の縦横比ということがどうしても気になってしょうがない人がいるようですので、お約束どおり、全国旗の縦横比を表にしてお見せしましょう。

でも、ネパールの国旗はもっと複雑です。

88