ある日お姫様になってしまった件について75話。

姫様もご心配されていることでしょう。
アタナシアは、それだけの理由で…さすが女主人公には勝てない、と助けてもらったにも関わらず引いています。 』 『いいえ、当然のことです。 いいえ、誰にでも優しいわけではありません…真剣なまなざしで姫様を見つめ、公子は言いました。 ルーカスの髪もすごいことになっていて・・・・イラっとしているルーカス。 ・陛下はまだ眠っていた。
78
お前はあいつが、イゼキエルが好きなのかよ?』 『えっ?』 ルーカスはアタナシアに顔を近づけ攻め寄ります 』 フィリックスはアタナシアの前に膝まずき、真っ直ぐ自分の意見を伝えます
その時ノックの音がして、ルーカスが入ってきました (ひどい) 「陛下、救っていただきありがとうございました」 こんなひどいやつにお礼言わなくていいよジェニット、、、 「・・・」 何も言わないクロードにアタナシアは珍しく怖い顔をして 「パパ、マグリダさんがお礼を言ってるじゃないですか」 と言います
最新情報は公式サイトにてご確認ください 87話へと続く! 住まいは・・・主に旅人の旅館に
クロの扱いについて目を潤ませながらクロードに懇願するのですが、クロードには全く通じず余計なマネしないで寝ろと寝かされてしまいます アタナシアは心配で、ずっと看病していました
リリーも心配そうにしていますが・・・ここにいるというアタナシア 皇帝の容体に迫るその発言は、いつものアルフィアス公爵のものとは考えにくいものだった
ジェニットがいつも公子のことをほめていますよ・・・とてもやさしいと ソファに寝転びながら抱えているクッションをバシバシ叩くアタナシア
(でも待って、、フィリックス 自分の時間があんまり持てなかったってことじゃないかしら ある日、お姫様になってしまった件について第75話のあらすじをネタバレでお伝えしました
アタナシアは、イゼキエルがまだ自分に気持ちがあることに困惑していた 行こ行こ!」 そう言うと、ルーカスの背中を押して催促します
28
ルーカスは公子に容赦なくお引き取りくださいと告げました。 イゼキエルがいきなり姫様の手にキス・・・!? では、授業時間に遅れますから急ぎましょう姫様というルーカスに、慌てて話を合わせる姫様。 さっきから何をしているんだとルーカスに問われると、心を落ち着かせているのよと答えます。 ちょうどその頃、何故だか嫌な気持ちになるクロードなのだった。 ちょうどその頃、何故だか嫌な気持ちになるクロードなのだった。
30