バイオ ハザード 4 アシュリー。

ドロシー・レスター Dorothy Lester 『OB2』に登場するかつて廃病院に入院していた院長の妻 アンブレラの所有する豪華客船シージャック事件を調査するために潜入した客船で、ブルースと出会う
スーパーアンデッド内のT-ウイルスは通常のものよりも感染力が強いため、大量の抗ウイルス剤を自らに投与したところをその影響で身体がを起こしてタイラントと化し(ゲーム版のタイラントと違い、変異前の記憶や自我は失っていない)、脅威的な身体能力でアンブレラ北米支部を壊滅させる 『』: 『GS2』• 洋館事件ではアルファチーム到着直後にゾンビに襲撃され、抵抗虚しく殺害される
凶暴化した動物に襲われて瀕死の重傷を負い、後にプレイヤーに発見されたが、まもなく事切れる そのため、ダストシュートから飛び降りた直後にレオンからは「君の尻なら大丈夫だ
ニットなのに腕は出ているし、スカートだし しかし、窮地に立たされたクリスを救うために欠損した右腕に強化型C-ウィルスを投与する事でモンスターピアーズと化し、知能と意識を保ちながらもクリスと共に奮闘、遂にハオスを倒した
体力は2番目に低く、攻撃によるウイルス進行も高いが、仲間を助けるようなアクションを取ることや、ハーブを多く持つことが可能 アンブレラ [ ] オズウェル・E・スペンサー Ozwell E. フィーバースキルは「フラッシュバン」で、強烈な光で付近のクリーチャーを一時的に行動不能にする
77

ガソリンスタンドでゾンビに噛まれた後、トラックを運転中にゾンビ化してレオンとクレアの乗るパトカーに突っ込み、爆死する。

また、中盤では一時的にを操作することになるが、その時のみ前作(1~3)の時のような固定切替方式になる。

ロイド・スチュアート Lloyd Stewart 『OB2』に登場するラクーン動物園の職員。

アーサー Arthur 『OB』に登場した警官。

エクストラアイテムは「45オートのマガジン」。

『DC』では「Gの研究は間違っていた」と認識しており、危険なG-ウィルスを他人に渡さぬようにという義心からレオンやエイダに銃を向けるが、後にレオンやクレアがスパイではなくシェリーの協力者であることを知ると、G-ウイルスの真相とウィリアムが怪物化した経緯を話す。

また、趣味は栽培。

教会に監禁されていたところをレオンに救出されるも、何度も何度も アシュリーのカップ数は? アシュリーは見た目は比較的に童顔で可愛らしいが、その体は抜群のプロポーションを誇る。

店内へ侵入してきたゾンビに襲撃されて死亡し、ゾンビ化してしまう。

だが、実はアンブレラの調査に集中するためにわざと謹慎処分を下されようとしたクリスが口実作りのために殴ったことが、直後の様子や後のジルとクリスの会話から示唆されている。