ピン g410 lst。

実際もだいたい311gでした。 とはいえ、空気抵抗の観点でいうと、ヘッド体積455ccのPLUSに比べ、450ccのLSTに利がある。 ただし、前作(G400LST)と比較すると、ほんの少しですがの方がスピン量が増えているという感じでした。 強弾道の完璧な棒球です。 Shaft Flex Weight Launch Angle Notes• そちらの重量は、314gです。
49

新作が出た今、お買い得になっていますので見つけたら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ロースピンが売りの「G410 LST」ですが、同じタイミングの試打ではありませんが、なぜか「G410 PLUS」よりもスピン量は増えていました。

5 が選択可。

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ 【おしえてマークさん】最新作は高反発です。

「G410 PLUS」よりもスピン量少なめがコンセプトですが、ボクの場合「ALTA J CB RED」シャフトではコンセプト通りの結果は得られませんでした。

NEOオンプレーンセミナーとして配信します 全3回のその1回目です。

記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。

35