エスクード。

2013年9月10日に、コンパクトSUVのコンセプトモデル「」をフランクフルトモーターショーで発表。 - スズキ 企業ニュース 2013年7月30日(2015年10月7日閲覧)• 性別や世代を選ばず、誰もが使いやすいデザインといえるでしょう。 前述したように輸入車であり、無駄なコストを抑えるためにも、グレードを多く設定するよりエスクードのようにモノグレードにしたほうが効率はいいはずだ。 4WDで220万円とこのクラスではかなり安いですが。 「LOCK」【エスクード専用セッティング】 ぬかるみや雪でスタックした時の緊急脱出時に、空転している車輪にブレーキをかけ、駆動輪を直結に近い状態で固定、前後輪へ最大限の駆動力を伝達 「ALLGRIP」システムはSX4 Sクロスにも搭載されていますが、エスクードでは「LOCK」モードが専用のセッティングとされ、対角スタック状況下で電子制御カップリング制御により空転していないタイヤに多くのトルクを伝え、走破性がアップされます。 だが、エスクードでもATのダイレクト感や標準装備のパドルシフトを活用することでキレのいい加速感を味わうことができるし、搭載されている4WD機構である「ALLGRIP(オールグリップ)」の「4モード走行切替機能」をスポーツモードにすれば、エンジン回転数を高めにキープしてくれるので、トルクが抜けるようなことも少なく、スポーティーに走ることができる。 多くの自動車メーカーは、それを理解していてダウンサイジングターボをもつ、レヴォーグの1. いまや自動ブレーキ ぶつからないようにするための技術 は、ユーザーの関心が非常に高く、クルマの売上を大きく左右するほどの装備になっているのです。 4ターボには、歩行者検知式自動ブレーキではないのが少々物足りないが、1. 3代目からの変更が大きかったことから、4代目の発売後も3代目が「エスクード2. 中国語. この約40万円を高いと見るか、安いと見るかは個人差があると思いますが、各メーカーから色々なクロスオーバーSUVがラインナップされているなかで、スズキのSUVを買おうという方は、おそらく吟味して吟味して、良いものを長く乗ろうという考えなのだと思います。 「僕に任せといて、こんなのまだまだ余裕だよ!」 ということをしっかりと伝えてくれるので、乗っていて安心なのです。 4Lターボが17インチアルミホイールでブラック塗装となった。
80
バッテリーとコンバーターユニットは、重量配分を改善するためにフロントシートの下に配置。 平成17年 4月 、生産終了。 サイドは本革、メイン部はスウェード調と、私が大好きな組み合わせです。 今回のフルモデルチェンジで4代目となる。 2018年末のマイナーチェンジでは、デュアルカメラ式運転支援システムの採用により、予防安全システムが大幅に充実したものとなった。 また、4WDでまったくエスクードと同じ車両重量1,220kgであることを考えると、やはりターボエンジンのほうが走りに余裕があるのは間違いありません。 シンプルな造形ですが、それがまたエスクードらしいところ。
23