アクセラレータ 死亡。

また、エイワスによると黒翼は「オシリスの時代」の力とのこと。 ただ、「黒い翼」は「オシリスの時代」に分類されるらしく、「ホルスの時代」に属するエイワスには通用しなかった。 目を覚ました後、面会に来た黄泉川に自分たちが巻き込まれた事態に統括理事会が関与していることを証言し、かつて誘拐犯が渡した名刺を提出する。 :(家庭用にサポートキャラとして登場後アーケード版にも登場。 この頭脳とその演算処理能力があってこそ、彼は無類の強さを発揮できるのです。 暗部組織間抗争の原因でもある。 『とある科学の一方通行』最終話• 1年から2年後には高い再現性を認めて安全に実験できるようになるとして、絶対能力にこだわる妹の蛭魅を死なせるわけにはいかないと考え、実験体にさせないように根回ししていた。 そして、「プロデュース」の研究者だった菱形幹比古が黒幕で、「妹達」が持つ「公式」を利用して自らの妹・蛭魅を絶対能力者にする計画を進めていることが判明し、一方通行とエステルは菱形兄妹を止めるために敵の本拠地へ突入する。 寝ている間にも効果を発現させている彼は、とてつもない演算処理能力を持っています。 その際に 光の世界に戻れなくなろうとも、闇の世界から彼女たちを守り続けるという悲壮な決意を固める。
43