涅 マユリ 素顔。

関連記事: ザエルアポロの研究所にあった死体 破面篇において、愛染惣右介が副隊長だったころの京楽春水との会話で明らかになった王族特務霊番隊の存在。

元々は危険分子として「蛆虫の巣」と呼ばれる監獄に収容されていましたが、当時十二番隊隊長であったによって出獄し十二番隊第三席兼技術開発局副局長に就任した過去があります。

あらゆる研究は 敵として狙われれば怖いですが、 味方にすれば頼もしくなります しかし、本人は自らを 「慈愛に脊髄が生えて動き回っているような存在」と、いけしゃあしゃあと自称している
ストーリーは、ある日「虚(ほろう)」と呼ばれる胸に穴の空いた幽霊に出会ったことにより、死神の力を得た高校生「黒崎一護」が仲間と出会い成長し活躍するという内容になっています 能力もその名の通り、 斬った相手の四肢の動きを封じる能力です
厄介なのが、その 毒が毎回変わるということ における同類項
また、自身の身体を改造し様々な武器や仕掛けを隠している 抗体を作らせないため、毒の配合は毎回変えている
マユリの卍解としては広範囲に毒をまき散らす「金色疋殺地蔵」が度々登場していましたが、「千年血戦編」ではさらなる改造卍解「金色疋殺地蔵魔胎伏印症体 ~またいふくいんしょうたい 」が登場しました 麻痺毒ではないので、 痛みが毛ほども消えないのもおぞましい要素となっています
27

決定打となったのは部下で副隊長の涅ネムを通してザエルアポロに超人薬を投与したことです。

能力を解放する時の掛け声は「 掻き毟れ、疋殺地蔵」。

2021-07-16 19:16:21• 正式名称は 「(ねむりななごう)」。

足の部分が宙に浮いているような描写があり、人間が首吊り自殺した後のように見えます。

この形態には、得た情報をもとに新たな疋殺地蔵を生むという機能が備わっています。

口癖は「完璧です、マユリ様」。

94