今後 とも 何卒 よろしく お願い いたし ます。

「今」は音読みだと「コン」「キン」、訓読みだと「いま」と読みます。 丁寧な言葉で、相手を敬う気持ちが込められているので、目上の人とのやりとりに適しています。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」です。 一般的には「今後ともよろしくお願い申し上げます」と使います。 「今後とも」と「引き続き」の意味に、大きな違いはありませんが、使用場面に微妙な違いがあります。 敬語表現にすると、「こちらから」という表現になります。
98
「これから〇〇するつもり」や、「これからもよろしく」など、日常生活でもよく聞いたり口にすることがある「これから」という言葉ですが、ビジネスシーンや、目上の人に対して敬語で使いたいときにも、そのまま使ってしまっていいのでしょうか 「今後ともよろしくお願いいたします」というフレーズは、社会人として働いていると、頻繁に耳にしたり口にしたりする機会がある言葉だと言えるでしょう
上記の解説から、「いたす」という言葉は、「する」という言葉の謙譲語や丁寧語であることが読み取れます 旧年中は、一方ならぬご愛顧を賜り感謝申し上げます
その参考に下記をぜひご覧ください 「何卒よろしくお願いいたします」の意味 「何卒よろしくお願いいたします」は多くの場面で見ることのできる依頼するときに使われる言葉です
つき合いが長かったり対等な立場の場合などに使えます 上司へは「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」より相応しい言葉がある 上司に対するメールにおいて「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は良い結びですが、もっと相応しい表現もあります
自己側の動作を低めて言ったり、改まった気持ちで言ったりすることで聞き手に対する敬意を表す 「よくしてくれることを相手に願う」ことを意味しています
この言葉は特に取引先の相手に相応しいもので「今後も継続して関係性を保ちたい」という意思を示しています お付き合いも同じことですから、この二つは今後も続く関係性を願う言葉として最適とも言える表現ですよ
取引先に使う場合 では、「これから」の敬語表現での使い方をご説明します 相手と気持ち良く仕事を続けていけるように、これらの言葉をきちんと理解して使いこなせたらいいですね
「引き続き」は、現在進行中のやりとりや取引に対して使います これは今後の関係性を示唆するもので、継続的に取引をお願いするための表現です
82