ピアノ 発表 会 曲。

弾く曲が決まったらたくさんその曲を聴くのも上達のためのポイントです。 初級者向け(ブルグミュラー、ツェルニー100~30番、ソナチネレベル) 弾きこなせる音型やリズムのパターンが限られている初級レベルでは、基礎テクニックをベースとしながらも、なるべく変化に富んだ曲を選びたいものです。 ここからが本題です。 ベートーベンのソナタやショパンのエチュードは子どもたち曰く「かっこいい!」のだそうです。 弾きたい曲リストを作る 生徒さんには「普段からいろんな曲を聴くように心がけ、気に入った曲があれば曲名と作曲者名を書いておくといいよ」と、お話しするようにしています。 シューベルト:スケルツォD593-1 こちらはソナチネアルバム第1巻に収められている作品です。 来年春に発表会があり、演目をそろそろ決めないといけません。 その理由は「音楽的にはあまり楽しいとはいえない」というもので、練習意欲を失う人もいます。 中級者におすすめの曲調は表現力が引き立つ曲 初級でしっかり基礎を学んできた中級者が目指す演奏は表現力のレベルアップです。
24

また、弾きたい曲リストに書いた曲がとても難しい曲で、「それでも挑戦してみたい!」という子には挑戦させることも・・・ 練習しても練習しても上手くいかず、それでも「自分が決めたことだからと」最後まであきらめずにやり抜く姿は素晴らしく、とても感動します。

114/バッハ エリーゼのために/ベートーベン 乙女の祈り/バダジェフスカ 即興曲Op90-2/シューベルト 小犬のワルツ/ショパン 幻想即興曲/ショパン 練習曲Op10-5「黒鍵」/ショパン 練習曲Op10-12「革命」/ショパン ソナタOp13「悲愴」第1楽章/ベートーベン ソナタOp27-2「月光」第3楽章/ベートーベン ソナタOp57「熱情」第3楽章/ベートーベン アラベスク第1番/ドビュッシー ベルがマスク組曲より「月の光」/ドビュッシー ソナタKV331 第3楽章「トルコ行進曲」/モーツァルト ソナタKV545 第1楽章/モーツァルト (順序不同) 最近リストでよく目にする曲を思い出せる範囲で書き出してみました。

父親の職業柄、幼少期から文学書に囲まれ、母から音楽熱を受け継ぐいだ作曲家、シューマン。

また、楽器店にはピアノ名曲選といった楽譜も多数あり、楽譜にCDが付属されていたり、別売りで販売されているものもあります。

ピアノ・ソナタ 「月光」全楽章:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン• ラフマニノフ=クライスラー 「愛の喜び」()• 中でも「抒情小曲集」第1集から、「アリエッタ」や「妖精の踊り」がおすすめです。

導入レベルですと、10小節くらいで1曲になっているため、練習しやすくなっています。

つまり音が三つ 三声 重なる部分が出てきますから、更に難しいのですがバッハらしい美しい音楽を楽しむことができます。

ツェルニーは、ベートーベンの弟子であり、リストの先生であったことから各人のピアノ音楽作品の流れとして類似性を言われることもあります。

ご紹介する演奏は、作曲を手がけた久石譲のものです。

5