スタップ 細胞 特許。

こうして利益と栄誉はアメリカと欧州の間で、山分けになる結果になりそうだ。

そして、遅れること一週間して、やっと一般市民の目に触れる新聞記事が出ました。

「小保方さんの大学時代の論文の引用が含まれる今回の論文ですが、STAP細胞の存在を証明したとは言えません。

PDF , (英語) - 米国仮特許出願(出願日:2012年4月24日)• しかし、小保方晴子氏の「STAP細胞はあります。

その後、小保方氏は、2016年1月に講談社から『』を発表したが、感情的に須田氏に反発するだけで『捏造の科学者』が具体的かつ実証的に提起した問題には何一つ答えていなかった。

って事だと思います。

3S4-AM8• STAP中間報告 2014. この騒動については、毎日新聞科学環境部記者の須田桃子氏が2015年1月に文藝春秋から上梓した『』(第46回大宅壮一ノンフィクション賞受賞)で真相が詳しく解明されている。

ストレスを受けた細胞は生き残るためにどげんかせんといけん!ってことで、 万能細胞になるんでしょうか。

さらには、ES細胞とiPS細胞の大きな課題ともいえるがん化の心配もないとのことで、まさに夢のような万能細胞です。

じゃ、それはなんなの?ってことになりますよね。

71