宇治 郵便 局。

土曜日、日曜日、休日にご利用になる場合は、お手数ですが、事前に郵便局までご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。 (6年) - 宇治郵便取扱所として開設。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 「611-00xx」区域(内(笠取地区を除く))の集配業務• お電話のおかけ間違いにご注意ください。 (明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い宇治郵便局となる。 (明治8年)1月1日 - 宇治郵便局(五等)となる。
30
図案は・・の葉 、、、• (昭和36年)7月21日 - 新田郵便局から集配業務を移管
(明治30年)3月26日 - 宇治郵便電信局となる (昭和53年)8月14日 - 宇治市壱番から同市蔭山に移転
(昭和36年)7月21日 - 新田郵便局から集配業務を移管 代替として西小倉地区のりあい交通が運行されているが、年末年始・盆期間等を除く火~金に1日あたり2往復のみと地域住民向けの色彩が強く、運賃も400円と距離の割に高額である(但し、運行経費を出資している住民は200円)
(平成24年)10月1日 - の発足に伴い、郵便事業宇治支店を宇治郵便局に統合 (25年)10月1日 - からに局種別改定
局名表記は「宇治」• お電話のおかけ間違いにご注意ください 取扱内容 [編集 ]• 「611-00xx」区域(内(笠取地区を除く))の集配業務• 自営3-24(ゆうゆうの里)…いくつか並ぶ老人ホームの建物の中央部付近に設置
80
、、、• (平成24年)10月1日 - の発足に伴い、郵便事業宇治支店を宇治郵便局に統合。 風景印 [ ]• (昭和53年)8月14日 - 宇治市壱番から同市蔭山に移転。 あらかじめご了承ください。 取扱内容 [編集 ]• 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 貯金・ATM ATMについてのお知らせ• (昭和35年)11月7日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。 したがって実質的には、月~土曜・休日の2区分である。
63