北斗 リバイブ 2ch 現行。

・敵拳士全員に火力ダウンのデバフ付与• 事実南斗聖拳の六聖の一人・妖星ユダは、水を使ってレイの足を封じなければ、即時に殺されそうな勢いでした。 *五車星のフドウと、ユリアを死んだと見せかけるようにフドウらに任せて、自分はわざわざケンシロウと戦いに行くシンの後ろ姿を見て、【愛のために行くのか】とつぶやくシーンなど・劇場版では、シンがケンシロウに「お前の拳で殺されたかった」とつぶやいて死ぬシーンになりました。 ・3,4ターン目以降は毎ターン奥義が打てる 極意:水• その他蒼天の拳では、北斗神拳の源流で互角の西斗月拳が登場するが、西斗月拳のヤサカは霞拳志郎の百烈拳をまともに食らってやられたふりをして、実は仮死状態に留めるなど、作中でも異常に強い人物として描かれ、最後は西斗と北斗の神は同じものであることが明らかにされ、霞拳志郎の手を借りた神の手でヤサカは静止された+その後自暴自棄のヤサカが自殺はできないのでわざと霞拳志郎に殺されようとしたときも、はねのけたのは霞拳志郎本人ではなく、神が霞拳志郎の腕を借りたので、西斗月拳と北斗神拳の勝負は決まらなかった)これもランク対象外 北斗の拳強さランキング決定版 第一位 北斗神拳継承者 (血統が北斗の正当なので、正義のための危機が迫ると、北斗の闘神や南斗の一部の星・仁星(と天帝の双子の妹リンの心の叫びが何度かケンシロウの魂を直接動かしたり、覚醒させたりした)までもが手助けして奇跡を起こす。 どの技も、北斗の設定では大砲が直接命中、多数の重機関銃とかで一斉に斉射すればアウトですよね。 ・3,4ターン目以降は毎ターン奥義が打てる 極意:風• ・敵アタッカーの攻撃力減少• 南斗六聖より以下のランクに対しては、天才肌の雲のジュウザを除いて、攻撃などされても正面から弾き飛ばす怪物。 ・愛羅承魂で自身を強化して火力アップ• シンが二回目あっけなくケンシロウに敗れたのも、が南斗再建の人材で必要なためいなくなり、気力と覇気がなかった、あるいはわざと破れて死に、そのまま殺しの汚名を一人で背負い、実は生きているユリアを守るためと、後に何回かそれらしい描写が描かれました。 シュウは本気ではなく、またケンシロウが南斗紅鶴拳のユダの遠隔真空波技・伝衝裂波を真似、その音を利用し聴覚が頼りの盲目のシュウの弱点を攻めた攻撃で動揺して負けたふりをしますが、後に聴覚を音で塞がれても、相手の位置は把握できる能力をサウザーの部下たちとの戦闘で見せます。
練気闘座最強パーティ 鬼神フドウ採用型パーティ 前列 後列 鬼神フドウを採用したパーティです 老齢のは一応はランクにいれましたが、ヒョウに破れたのは老眼のせいだったともいえますしねw原作と初回TV放送アニメ、初代劇場版が考察の対象で、後の外伝系は参考程度の扱い (蒼天の拳という派生駄作の時代の、南斗聖拳の継承者たちの実力は誰も知らない
・必殺技で自身の必殺発動率と闘気を上昇 URケンシロウのパッシブを発動させながら、霞拳志郎のパッシブで水と地の効果を受けられるパーティです 本来原作者は第二部はおまけで無理やりかかされたもので、あまりいい思い出はないから、北斗として考えるときは修羅の国や元斗皇拳はあまり入れたくないという立場です
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,. これは北斗の闘神が宿った途端、ヒョウや、シャチがいきなり無類の強さを発揮したのと同じく、血筋や精霊のパワーが加わったときに起こる現象と同じでしょう ・加速などで味方をサポート• ・敵アタッカーの攻撃力減少• 極十字聖拳という、北斗琉拳(当時は北斗劉拳))に南斗聖拳を噛み合わせたような拳法が出てくるが、北斗神拳との対決を禁じられた北斗琉拳(=劉拳)の魏が、北斗神拳と対決させるため、北斗劉拳と南斗聖拳を合わせて作った独自の拳法
・奥義でパーティ火力上昇• また、相手に状態異常効果を付与されても地の効果で回復できます は、純粋に拳の打ち合いということなら相当強いし、カイオウやヒョウのようにかんたんに秘孔を突かれなかったなど、あるいは拳技だけなら北斗琉拳の中で一位かもしれませんが、強力な必殺の決め手がないことで、ケンシロウに全体的には押されたまま破れます
・敵拳士全員に火力ダウンのデバフ付与• ケンシロウとの対決は、その間に天帝を助け出す機会を見出すことで、両者の思惑がどことなく働いていたのか、ケンシロウが北斗神拳の奥義系を一切使わない状態で、ファルコ自体も元斗皇拳の闘気の必殺技を繰り出さず、必殺技抜きのただの拳技そのものの上下を競っていたという感じで、互いに奥義を尽くしたらどうだったのかはわからない パチスロの北斗の拳のジャコウやられるとこのムービー見たけど千葉さんじゃないのね
ただしケンシロウは見切ったと言いながら、全然サウザーの拳が見えておらず、逆にサウザー自体がケンシロウの動きを見きったので、サウザーが三回目の極星十字拳を繰り出すと、避けることすらできずにケンシロウノックダウン ワッチョイWW b7b0-CWfh [114. ヒョウと違い、北斗の闘神たちが、カイオウを助けようとしなかった、むしろシャチに加勢しようとしたことでわかるように、神様パワーの助けもないのがカイオウだし

・敵アタッカーの攻撃に耐える壁役• ・パッシブで耐久力を大幅に上昇 極意:火• ・デバフを付与するアタッカー• 北斗三兄弟が飛び抜けた才能の集まであったのは確かですが、サウザー以外の南斗六聖も攻撃が直撃すれば北斗三兄弟が真っ二つの威力を持つ強者達で、北斗が100戦すれば100勝とは行かない。

シャチやヒョウ、ケンシロウ(アニメ版の、雲のジュウザは、死にかけてからラオウと長々互角に張り合ったシーンも、説明はないが南斗の神様の手助けだろう)は神様の助けがある状態では、誰も手を触れることができないスーパーマンであったことを考えると、 神様モードの最強ケンシロウを手こずらせた技の持ち主は、やっぱサウザー只者じゃないです。

このため、サウザーの秘孔が効かない謎の特異体質が無ければ、ケンシロウ以外にもあっさり負けていただろうという暇人が多い。

・魔闘気による高耐久で前列で壁役• 南斗孤鷲拳のは初戦であっけなくケンシロウを撃破。

・デバフを付与するアタッカー• ・戦闘時、敵全員のクリティカル率が減少 極意:水• ・3,4ターン目以降は毎ターン奥義が打てる 極意:水• ・奥義と必殺で後列特攻が可能 極意:風• 南斗聖拳の正統血統のユリアの兄貴なら血筋的に不思議ではない。

北斗の拳自体、一般人の弓でも銃でも、油断をついて急所に当たれば、ケンシロウもラオウも死ぬ設定ですから。

00 ID:SFNq4iSVa 正直その方はキャラいっぱい持ってて羨ましいぞ! でも強化の仕方、配置、でどうにかなるんだよね。

age sageに関係なくもっとも注目されているスレが一目で分かります。