ゴールデン カムイ 229。

ただ今回のお話だけでは、彼の強いこだわりのうち、美しさにしか説得力がない気がします。

59

自分の身の丈にあった人生を送りたいだけなのだと。

本記事では、ゴールデンカムイ229話『完璧な母』のあらすじと感想を紹介していきます。

ゆっくりと扉が開き、何者かが無言のまま部屋へと入ってきます。

「産むのを手伝いたい」という家永に、笑顔でうなずくインカラマッ。

鶴見中尉からの命令に従えない! 谷垣のとった選択とは。

「必死で気づかなかった」 谷垣はその血が地面に血痕を残していることに気付く。

「抜けるなら女を殺すとでもいうんですか?」 谷垣は鶴見がインカラマッを人質にしていると当然ですが捉えているようです。

しかし妊娠中のインカラマッを一瞥し、その選択は出来ないとすぐに悟ると、谷垣はピストルを扉に向けて構える。

インカラマッは谷垣に内緒で病院を移されていたのだが… 移送先を谷垣に伝えるために、商店のおかみに絵葉書をたくしていた。

谷垣 「お前と生まれてくる子供のそばにいたかった。

19