コア コンピタンス 意味。

「コア・コンピタンス」ですが、定義の内容から、「次の3つの条件を全て満たした自社能力」のことであると考えられています。 これは企業経営において重要な概念だが、「いまいち理解できていない」という人も少なくない。 また、80年代に外で音楽を聴くためには大きなラジカセを持ち運ぶ必要があり、ウォークマンは価値ある画期的な商品だったのです。 SONYのような製造系の分野の場合、コア・コンピテンシー(コア・コンピテンス)には、「技術開発力」がまずは挙げられることが一般的ですが、実際に市場に流通させたり購買意欲を高めるためには、製造を実現化するための基盤やデザイン、マーケティング、物流など、さまざまな能力が求められます。 例えばホンダのエンジン技術は、自動車に限らず芝刈り機や除雪機まで展開されており、他に抜きんでたコア技術であるということができます。
79

代替可能性(Substitutability) 代替可能性は、その 強みが簡単に他の方法で置き換える事の出来ない唯一無二の存在であるかという視点です。

具体的には、「素早い業務遂行能力」や「品質保持能力の高さ」「商品生産における効率性の高さ」などが「ケイパビリティ」の例として挙げられます。

一つの技術やサービスが単体で完結するのではなく他の分野にも応用できる、ということです。

名古屋校• 一度立てたプランに何らかの不具合があった場合、何か問題があったのではないか俯瞰しましょう。

代替可能性(Substitutability):他の技術で代替することが難しい• 両氏は「ハーバード・ビジネス・レビュー Vol. 顧客に何らかの利益をもたらすもの• この時、発言を否定することは厳禁であり、それぞれの課題に対して知恵を出し合っていくことがポイントです。

現代は技術革新のサイクルが短いため、時代遅れになりやすい• この『コアコンピタンス』という言葉、最近使われるようになった英語を語源とする言葉です。

「コアコンピタンス」は英語の「core competence」 「コアコンピタンス」は英語の「core competence」のことで、「core(核)」と「competence(技量、能力、適性)」を組み合わせた言葉です。

出てきた意見を踏まえた上で、今後の動きを決めてみましょう。

()と ()が Vol. 味の素グループは独自の強みを伸ばしたことで、バイオ・ファイン技術が高く評価されました。

66 73