白色 申告。

その原因は、帳簿つけや税金計算に提出書類の多さなど様々です。

何らかの理由で青色申告が取り消されてしまった場合、白色申告で申告を行うことになります。

41 93
例えば、収入が450万円、諸経費が150万円、基礎控除(48万円)および社会保険料控除等の控除合計額が80万円だったとすれば、両者の最終的な納税額は次のとおりで、白色申告の方が4万5,000円多く納税することになります 一部の人は保存期間が2年延びることになるので、注意が必要です
ただし、青色申告のでも、原則は1件ずつ記載する方法だが、同じは1日分をまとめて記載しても構わない 現在持っている在庫を確認して棚卸表を作成することで、白色申告に必要な収支内訳書に記入ができるようになります
収支内訳書2ページ目の書き方 続いては収支内訳書2ページ目の書き方を確認していきます 白色申告にはこのような事前申請は不要です
そこまで収入が多くない人(後述の年収別割合を参考にして下さい 白色申告の流れは大きく3つのステップから成り立ちます
自分に合った確定申告の種類を把握して、毎年支払うべき税金を確実に納めるようにしましょう 白色申告の場合には、「単式簿記」と呼ばれる簡易な形式で記帳を行うことが義務となっており、売上や仕入、各経費について取引日と金額を記載して集計する必要があります
また、記帳を終えた伝票や書類は、売上や経費を二重に計上するリスクを回避するために、記帳済であることがわかるようにしておきましょう なお、青色申告と白色申告のどちらにするべきか迷っている方は、10万円からの控除が受けられる青色申告を選択することをおすすめします
84