ショートカット キー 一覧。

ショートカットキーを使う• フレームの削除• Ctrl+Fのショートカットキーを使うことで、それらをすぐに見つけ出すことができます。 ファイルを別のフォルダにコピー&ペーストしたいときに便利です。 F5かCtrl+Rのショートカットキーを使えば、最新の情報を取得してページが表示されます。 このMAPには60個ほどのショートカットキーが掲載されています。 F6:入力文字をひらがなに変換• ウインドウを閉じる 開いているブラウザを閉じたり、Officeなどのアプリを閉じることができます。 それに対して、WordやExcel、PowerPointなどのOfficeソフトの場合は、それぞれに機能が異なります。 ライフワークとして研究を重ね、独自にノウハウを蓄積。 時短や効率化を実現するためには、いま、どれくらい時間がかかっていて、目標とする時間はどれくらいかを明確にする必要があります。
80
Excelのショートカットキー Excelは同じ作業を繰り返し行うことが多いため、ショートカットキーをうまく使いこなすことができれば、業務速度を上げていくことができます 作業の取り消し 処理中の作業を中断します
行頭に空白を設けることで、ほかの行よりも下がった位置に文章を作ることができます 第9章 動きをつけてみよう• そうすれば、進捗状況や自分がどのレベルにいるかが、ショートカットキーMAPを見るだけでわかるようになります
読み込める静止画について 第8章 静止画を書き出してみよう• 例えば、Wordに書いている文章を全て選択したい場合、上から下までクリックしたままスクロールすることになります 競合していないか確認する ショートカットキーは 競合(同じショートカットキーに2つ以上の操作を割り当てている状態)することがあります
モーションを使う 第15章 他のソフトを使ってみよう• 作成した表を印刷する際に、見せたくないデータを隠したりすることができます そして、今後、覚えたキーはどんどん塗りつぶしていきましょう
Ctrl+Shift+>のショートカットキーを使うことで文字サイズを大きくすることができます ショートカットを繰り返すことによって、仕事のスピードが上がって成果にも良い影響をもたらしてくれます
記事閲覧中に疑問点や不明点などありましたらご連絡ください ファイルのコピーやWebページの読み込みを中止するなど様々なシーンで使用できます
検索 作業画面内に含まれるキーワードを検索することができます 「できるだけマウスは触らない」という意識でいると、 どんどん使えるショートカットキーが 増えていきますよ