バレエ の 王子 に なる。

難関を突破して入学しても、進級試験が毎年行われ、合格できなければ即退学となります。
個性的な4人のバレエ男子 「バレエの王子になる!」はロシアの名門 ワガノワ・バレエ・アカデミーの 校長ニコライ・ツィスカリーゼのクラスの4人の生徒、 ミーシャ、アロン、マルコ、キリルが、ロシアのバレエダンサー国家試験、バレエ団の入団オーディション、卒業公演という3つの大きな出来事に挑む姿を描いたドキュメンタリー。 これだけ大柄なのに体がしなやか。 今回密着するのは知られざる魅惑のロシアバレエの世界! 世界最高峰の名門バレエ学校での日々に密着します。 確かにバレエをされている方はみんな手足が長く、首筋などスタイルが良い方が多い印象です。 英国ロイヤルバレエスクール(通称ホワイトロッジ)卒業後、ワガノワ・バレエ・アカデミーに入学。 結果の出ないマルコは、就職活動に憔悴していました。 6追記 YouTubeがしばらく更新されないと思っていたら、石井久美子さんは年末に入院されたようです。 レッスンの時より、舞台の上で華やかに映えるタイプかも。 コロナ禍の現在はシカゴの実家に滞在。 前途洋々に見えたミーシャが怪我をしていたのはちょっと心配ですが、傷が浅いことを祈ります。
78
「欠点を隠す」・・・「ありのまま」は気合が足りない・頭が悪い・怠惰なだけなのだ それにしてもコールドバレエの人数がすごい… モノクロのアーティスティックな写真を選ぶあたりがキリルらしいですね(笑) インスタグラムでみる彼は、髪を短くして精悍な印象になりました
日本では不要不急と見なされがちな舞台芸術ですが、多くのロシア人にとっては日々の生活に欠かせないものと考えられているのでしょうね 625rem;line-height:1;color: 000;text-transform:uppercase;letter-spacing:. 1738年創立の、世界最高峰のダンサー養成学校
インスタグラム *アロンのお母さん(ジャーナリストChikako Osawa-Horowitzさん)が記事を書かれている「JnewsUK」でミーシャ、マルコ、アロンのドキュメンタリー放送後のインタビュー記事が読めます それぞれ1話108円(全部見ると216円)でレンタルできますが、以下よりU-NEXT初回会員登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント中! そのポイントを使って視聴することができます
14歳よりバレエを始め、2001年、元パリ・オペラ座エトワールのモニク・ルディエールに見いだされ、フランス カンヌ・ロゼラハイタワーに留学 キリルはこの試練を乗り越えられるのでしょうか?! 試験に臨む生徒たちを前に校長は「私が君たちを愛していることを覚えてるね
気品と美しいオーラは厳しい日々の努力と訓練のたまもの とにかく努力家で素直な性格が印象的でした
中には厳しい現実を突きつけられる生徒も アカデミー在学中はモデルのアルバイトをしていました
未来を見守りましょう」と言うように、彼らのこれからのバレエダンサーとしての成長を見守りたいですね! アロンは、英国時代にロイヤル・オペラ・ハウスで『白鳥の湖』に子役として出演したときに、いつか自分も王子役を踊りたいと思ったことがプロのダンサーを目指したキッカケだと語っていました 美しくも厳しいバレエの世界
取材の場は、ロシア国立ワガノワ バレエ アカデミー それぞれ1話108円(全部見ると216円)でレンタルできますが、以下よりU-NEXT初回会員登録で視聴に使える1000円分のポイントをプレゼント中! そのポイントを使って視聴することができます
54