薬屋 の ひとりごと 10 巻。

「貴女は主上ではなく『国母』という立場を愛しているのですね」 それを見ていた梨花妃が遂に行動を起こします 猫猫は高順と合流をして、月の精を2人に見せるための準備をするのでした
ビッグガンガン版の第7巻は2020年9月頃、 サンデーGX版の第8巻は2020年6月頃の発売になると予想されます その準備を確認するため、猫猫は宴を離れてとある小屋に向かいます
杏は「下女を寝かせるようには指示したが、何が保管されているかは知らなかった」と白を切ります 中華風の架空の帝国を舞台に、後宮で下働きをする官女の主人公が様々な謎を解き明かしていく、ミステリー・ラブコメ要素が満載のファンタジーストーリーです
高順が差し出した布で、猫猫は壬氏を宥めながら彼の体をふき始めます 碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、羅漢と直接対決を仕掛ける
『薬屋のひとりごと』のあらすじ 主人公の少女・猫猫(マオマオ)は、医師である養父を手伝い薬師として花街で働いていました 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 日向夏(ヒュウガナツ) 『薬屋のひとりごと』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). しかし猫猫が玉葉妃に仕える以前、毒見役が食事に盛られた毒で倒れる事件が発生していました
現代人でもこのトリックは驚いてしまいそうです。 パンを花巻に変更。 ただ診療所では、薬を作ることが認められていず、大事の場合には医局に行く必要があります。 どうなって行くのだろうか? これだけ布石を打っていても、不発で終わるのだろうか? それもまた良し! 人の世は全てがうまく行くほうがおかしい。 それでも奮闘しながらも上手くは行かない。 言葉には出さずとも行動から杏がそう考えているのは明らかでした。 猫猫は明言はせず、その場を去ります。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 皇帝の通う頻度を考えれば玉葉妃以外で妊娠しているのは一人しか考えられません。 毒殺は猫猫によって阻止され、犯人も猫猫の調査により自首して解決しました。
54