手作り 餃子 冷凍。

解凍せずに冷凍のまま焼きましょう 冷凍した餃子は解凍せずに冷凍のまま蒸し焼きにします。

10個ずつ化粧箱に入っているので贈呈品としても最適です。

餃子1つひとつを金属のバットで急速に冷凍させ、しっかりと凍らせて引っ付かないようにしてから、あとはかさばらないように保存袋に入れてしまうのはOKです! あと、 バットを利用する際も冷凍焼けや乾燥を防ぐため、バット全体をラップで覆うことをお忘れなく。

しかし、この保存方法では袋の中で餃子同士がぶつかり合い、端っこの部分がバキバキに割れてしまいます。

なお、焼く前と焼いた後でしたら、 焼く前に保存した方が焼きたてが食べれますので、 焼く前に保存する方が好ましいです。

このように餃子をくっつかない程度に離してクッキングシートの上に並べます。

餃子のタネを包んだ段階で冷凍する」ことを全力でおすすめします! そしてここからは、私がこの答えに辿り着いた理由について、痛すぎる失敗談とともにお話します。

焼く前の餃子は 1ヵ月程度が目安。

餃子が完全に冷え固まったら、ジッパー袋に食べたい量だけ小分けにして冷凍しておくと、次に食べる時も食べやすいですよ。

豚ひき肉を粘りが出るまで練り、野菜を加えて混ぜます。 焼く前の餃子を冷蔵保存したい場合は、 中の具の野菜などの水分をしっかりと しぼったり、水分が出ないような具材を使用したり、 水分を吸ってくれるような具材、 例えば干しエビやパン粉などを入れて、 具材のみを一晩程度冷蔵庫で寝かせてから包む。 塩コショウ 少々• 市販の餃子はもちろん賞味期限の記載があるので、保存も安心してできるのですが、手作り餃子ともなると、そこがすごくあいまいで困ったという方も多いのではないでしょうか。 材料(2人分)• そして中身が全然ジューシーじゃありません(泣) やっと導き出した、手作り餃子の冷凍保存 最終形! こうした失敗を繰り返し、ようやく手作り餃子の冷凍保存で私的ベストな方法に辿り着きました。 肉を多くすることでほどよいジューシーさに。
70