大和 川 病院 事件。

患者が病院を出るとき骨折や肺挫傷などのケガはなく病死としか考えられない」とコメントしている。

「精神病患者四人に実刑 両毛病院放火事件」『朝日新聞』昭和47年(1972年)1月15日朝刊、13版、23面• 1987年、精神保健法と改正:「任意入院」(本人の同意で入院)と「応急入院(第33条の4)」(急速を要し自傷他害のおそれはないが、混迷・恐慌・興奮状態、意識障害があり、直ちに入院させる必要がある場合)、保護者や扶養義務者の同意を得られない場合(単身者や身元不明など)、本人の同意がなくても72時間に限り、応急指定病院に入院させられる)が追加された。

5月30日、府は安田基隆と事務長らを呼び保健医療機関指定の取り消しのための監査を行った。

転院を完了した8月8日府は正式に3病院の保険医療機関の指定を取り消した。

また、病院経営面から見ると精神医療の診療報酬が一般医療に比べ、低く抑えられているという現実がある。

「……被告人安田は、ある医師の給料袋が紛失したときに経理事務の関与していた職員全員の毎月の給与から1万円ずつ天引きして紛失した給与相当分を弁償するよう指示し、天引きした。

都庁養育院支部• 2017年10月3日閲覧。

47 53