どうぶつの森 不人気。

また 必然的に本来他種族なら耳などがある位置に目のパーツが追いやられるため、顔全体が間延びした印象になってしまい、少々バランスが悪くなってしまうことが不人気の理由なのではと思います 上位100位に入れたキャラがいなかったことからも、種族人気は高いとはいえませんでした
不人気種族1位となってしまったのは11人がランクインした「ネズミ」系種族でした 性格 人数 オトナ 18人 元気 10人 普通 9人 アネキ 4人 人気種族のときもだいぶ偏りがあった女性キャラ住民の性格分布ですが、 不人気の場合でも同様に大きな偏りが見られ、最大で14人差もありました
そう考えれば合点はいきますね でした
トラウマになりそう 人気種族ランキングでは3人がランクインして9位に付けているのですが、 ハムスターも種族内での格差がとても激しいことがわかりますね
どうぶつの森シリーズの始まりは、まだニンテンドースイッチが影も形も存在していなかった2001年 元データのランキングでは男女の性別による差がスコアに影響を与えないように関数を作っているため、この結果は純粋なプレイヤーの意見が反映されたことになります
タッチパネル機能を有したゲーム機が存在しておらず、スマートフォン以上の厚みがある「ゲームボーイアドバンス」というゲーム機が発売された年でした このランク帯で 特筆すべきはネズミ種族で初ランクインした85位の「サラ」でしょう
ネコキャラとしては「ビンタ」が9位、「ニコバン」が20位となっており、性格もぼんやりタイプと一緒なのですが、ビンタの方が大きくリードする形となりましたね 人気住民ランキングのワースト100人の種族比率! 不人気種族1位「ネズミ」系住民は11人 全住民ランキングをご覧になった方は予想どおりの結果だったと思います
36
ヤギ系種族には実はちょっとしたキャラモデルの差異があり、 オスのヤギの中には顎の下に垂れ下がった毛のようなものがあるキャラがいます。 ただ残念なことにいわゆる不人気要素が多いことから中々評価が厳しい形となりました。 メカ系に属する「ヘルツ」はともかくとして、あとの2人が下位100に入ってしまったのはやはり色合いの問題でしょうか。 「ミント」と「フララ」は両方とも8,888ポイントで同スコアとなったため93位タイに付けました。 ランクインした人数はカバと同じ7人でしたが、スコア合計値がアヒルの方が高かったためこの順位です。 不人気種族16位「ハムスター」系住民は2人 不人気種族16位は2人がランクインした「ハムスター」系住民となりました。 これに関しては国内外問わず一定の人気を集めていました。 例えば 女性キャラクターの場合リボンや花といった女の子らしいアイテムを付けることでキャラ分けをしているのに対して、 男性キャラクターの場合は太い眉毛や顎鬚(あごひげ)などの装飾を施すことでキャラ分けをするパターンが多いです。
5