パオパオ チャンネル スクショ。

パオパオチャンネルといえば?人気な動画は? パオパオチャンネルをまだよく知らない方は必見です! 二人の良さが溢れ出ている動画をご紹介します。

メンバー紹介 小豆 「 あーずー」の愛称で親しまれています。

続いて投稿された「1年8ヶ月の休止期間を爆速で埋めちゃうよん」という動画も公開からわずか14時間で152万再生、急上昇ランク2位となっています。

今回の動画では、一部を切り取った情報で皆様に誤解を与えないためにも、説明時のテロップを意図的に除いて投稿させて頂きました」と注釈を掲げており、その姿勢にファンからは「今後についての話も本当に納得のいく説明だった。

視聴者の反応は? 活動休止理由は個人の活動に専念するため• 中には、人気YouTuber「アバンティーズ」から「だいすき」といったコメントのほか、これまで多数コラボしてきた「北の打ち師達」から「おかえでぃ」(「でぃ」とは、@小豆さん語としてファンの間で親しまれている言葉)などのコメントも寄せられており、パオパオチャンネルの活動再開が同業者の間でも心待ちにされていたことが伺えます。

元々ニコニコ動画で踊り手として活動していましたが、2016年に踊り手を引退しました。

家族的な愛の方が強いのでしょう。

10
それぞれのソロ活動を続けながら、パオパオチャンネルとしては3か月に1回程度・春夏秋冬のタイミングで活動していく方針を報告しました いつか第4回目のスクショ大喜利が見られることを楽しみに、2人と1匹の帰りを待ちたいと思う
今後も付き合うことはないと言っていますが、どうなっていくのかファンとしては二人の行く先が楽しみですね! 同棲している?との声も上がっていますが、二人は別々に暮らしており、撮影の際には撮影部屋に集合しているようです それだけでなんていうか、安心するし、信頼感が凄い」と声が上がっています
この企画によって、ぶんちゃんとあーずーのワードセンスの高さや動きのおもしろさを再認識させられただけではなく、これ以降の動画でも視聴者は、「テロップに注目する」という視点を与えられることになる 二人は「 付き合っていない」とはっきり公表をしています
コンビとしての活動休止期間にそれぞれのソロ活動の中で感じた自身の成長などを語りながら、ぶんけいさんの「いろいろ食べた?」という問いかけに「いろいろ食べた もとはニコニコ動画で「踊ってみた」などの動画をそれぞれ投稿していた二人が、イベントでの共演を機に意気投合し、2015年12月にコンビを結成しました
また、コメント欄ではロケットサイダーの踊ってみた動画を視聴しようという声かけがあり、現在その ロケットサイダー踊ってみた動画は既に1000万再生を突破したようだ 水溜りボンドのカンタにぶんけいが酷似していることがきっかけでお互いの視聴者の中で話題となり
78
復帰待ってます!!!!!」と、活動休止への寂しさと応援したい気持ちのはざまで葛藤しているような気持ちのコメントが多数寄せられている。 パオパオチャンネルが世に知れ渡った動画とは? 二人の存在が世に認知され始めたのは、「 水溜りボンド」と言うYouTuberがあげた一本の動画です。 2020年4月30日、現在は映像・企画などマルチクリエイターとして活動中のパオパオチャンネル ぶんけいが初のエッセイ「腹黒のジレンマ」を発売することを自身のTwitterにて発表した。 マスコットキャラクターとして『パオぞう』という小さなゾウさんのぬいぐるみも人気を呼んでいます。 」を公開。 ぼくがこれまで辿った人生をベースに、思考や行動を書き綴りました。 そうした魅力を理解した自己プロデュース能力の高さ 彼らの魅力は、上記のようにカップルだと見紛ってしまうほどの親密さと息の合いよう、加えてツッコミスキルと自由度の高さなど。 目次 パオパオチャンネルの復活理由の秘密とは? 活動休止理由 パオパオチャンネルが活動休止を発表したのは2019年5月の動画です。
49