メジャー トランキライザー。

双極性障害の再発予防のための維持療法においては、基本的にリチウムやバルプロ酸などの気分調整薬を主体とすべきであって、抗精神病薬は錐体外路症状や 遅発性ジスキネジアのリスクの問題などから一般的には勧められるものではありません。

日本でもそうした薬剤はトランキライザーとして紹介された。

まず薬の分類からです。

6 以上くらいになると)中毒症状が出てくる可能性があります。

批判する人々は、患者を穏やかでより従順にするために薬を使い過ぎると主張する。

「軽い安定剤や睡眠導入剤だけ飲みたい。

薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬が使用されることがありますが、適切な精神療法と組み合わせるべきでしょう。

統合失調症による症状や、それによる社会的な影響(失業や家族その他の対人関係の 問題化など)を考慮すると、多くの患者は長期にわたる再発予防治療が有益になるであろうと思われます。 症状が落ち着き、ある程度安定した後に生活リズムの建て直しを行います。 少なくとも同等以上の効果がECTにもあることが分かっており、薬物療 法が無効であるか、症状的に改善を急がなくてはならない場合にはECTが選択されるでしょう。 ; Kim, Hyungjin Myra; Zivin, Kara; Valenstein, Marcia; Seyfried, Lisa S. また単一発散型の神経回路に作用する薬物以外に中枢神経細胞の活動を直接変化させる薬物療法も存在する。 抗精神病薬は、一般的に妄想や幻覚(幻視・幻聴)、作為体験(ある行動を取るように、幻聴により命令を受ける体験)、異常な運動興奮といった陽性症状のある 『統合失調症(旧称・精神分裂病)』の薬物治療に用いられる薬で、 『定型抗精神病薬』『非定型抗精神病薬』『持効性抗精神病薬』の3タイプに分けられます。
61