天国 と 地獄 漫画。

陽斗は本当に殺人をするはずなどないと高を括っていたが、朔也を待つと言った歩道橋に「2」と落書きされ、田所の屋敷を確認し行くと本当に田所が殺害されており、凶器の石や洗浄剤が置かれていたため、これは兄が通報するかどうか選択を迫っていると感じ、余命半年の兄を捕まらないようにする選択をしたと告げられる。 顔立ちは可愛いがほぼ常に無表情なので佇まいが怖い。 語尾に「- だよぅ」をつけるのが特徴。 来る者拒まずで仕事を受けたりスキャンダルをむしろ推奨したりするため、マキの方向性が定まらなくなっている。 綾瀬はるかは日曜劇場に数多く出演しているが、主演は本作が初となり、高橋一生は本作が日曜劇場初出演となる。 実は、日高は情に熱く面倒見が良く、皆んなの信頼が厚い一面が有る。 本来は「亡者を乗せる火に包まれた荷車」だったのが曳き手である化け猫を指すようになった。
10
チュンという名前は、五道転輪王が墓から初めてチュンを召還した際にたまたま袖口から落ちてきたのひとつである(チュン)が由来 女性は巨乳派
以来、サクヤ姫を恨んで、大の美人嫌いとなり、そのため「は、醜いものを捧げると喜ぶ」という言い伝えができた 何をやっても微妙に陽斗にかなわないことに嫉妬していたことから、陽斗が殺人事件の容疑者とされていることに乗じ、バイスター社と結託してコ・アースを買収し、共同で所有する洗浄剤の特許の名義を自分に切り替え一儲けしようと考えていたが、その目論見を彩子(陽斗)に見抜かれ、ギャンブル狂で違法賭博場にいると踏んで読み通り居たところを常習賭博罪で彩子(陽斗)に現行犯逮捕される
ただし、リリスなど夫の合意を得ている者は除き、彼氏持ちや人妻に手を出すことは無い 艶(えん) 声 - 亡者の証言の真偽を見抜くため衆合地獄から派遣されているメスの蛇の獄卒
小判同様、現世では遊女の飼い猫だった 元々はヒラ獄卒だったが、女性獄卒の大増員の際に鬼灯によって抜擢された
彩子と日高はこの騒動について話を進めるうちに、日高がアメリカ留学中のマサチューセッツ工科大学時代の同窓生・九十九(中尾明慶)の存在が浮上します その後東京に出て再起を図ろうとするが上手くいかず、晩年は痴呆症を患い朔也に面倒を見てもらいながら生活していたが、朔也が陽斗から誘われた奄美大島行きの旅行のパンフレットと旅券を見つけ「母親に会いに行くのだろう」と激高して、朔也と言い争いになった際にアパートの外階段から転落して死亡している
一子・二子や苺々子とよく遊んでいる なお、各々の個体にはきちんと意志がある
甜瓜とは最初はそりが合わなかったが、インディーズバンド「ヒステリックアオミドロ」のファン同士と知ってから意気投合した 来週も楽しみ
69