こばやし あやな。

自らので養豚場の勤務日記を書くようになったことで、食肉処理の現場をシビアながらユーモラスに記した筆致がなどで取り上げられる。

29