埼玉 西武 ライオンズ。

(1966 - 1971)• ドラフトではを指名した。
ニュース一覧 6月8日(火)• チームはで10連敗を記録するなどして、その後も連敗するなど低迷 (1950)• (1979途 - 1981途)• 6月27日、伊原監督からの申し入れによる正式に監督辞任と、7月1日付での球団本部付アドバイザーへの就任を発表した(田辺の監督代行職はそのままである
ところが、暮れにが発生した (2010 - 2017)• (1968 - 1974)• (当時の背番号は52)• (1951 - 1961)• (1976 - 1981)•
(2015 - 2019)• (1977 - 1981)• (1971 - 1976)• (2009途 - 2012)• (1974 - 1984)• (1994 - 1999)• シーズン終了後、広岡監督が自身の健康問題()などを理由に契約年数を1年残して辞任した 帽子マーク・左袖に、太平洋クラブのシンボルマーク()
(1987 - 1989)• (1969)• (1999 - 1999途)• 企業向け通信料金一括請求サービスを主たる事業としているが取得に名乗りを上げ、12月29日に二軍の命名権を3年契約で取得することに合意した (1955 - 1965・1969)• (2016)• ニュース一覧 埼玉西武ライオンズ• (1980 - 1983)• 首位の阪急とも32ゲーム差で3年連続最下位
(1988 - 1992)• (1966 - 1969)• 前半はリリーフ投手が安定し、主力選手の故障が相次ぎながらも前半戦を首位で折り返した また、2005年の球団創設から2015年まで年間対戦成績で一度も負け越しがなかった楽天相手に初めて負け越した
(2011途 - 2016・2019途 - 終了)• (1961)• 2005年 - 2006年 - 二軍の球団名がインボイスに変更され、白地にインボイスのマーク (1991途 - 1994)• (1997)• (1972)• 売却を2004年の球団の新規参入をと争って敗れたなど複数の企業に打診したが、売却額が200億から250億と予想されていた上、西武ドームの継続使用が条件であったため交渉はまとまらず、結局2005年も 西武ライオンズとして引き続き経営された
(1956 - 1958)• (1993 - 2005)• 書体はその後数度にわたって変更されている ・新型コロナウイルス感染症や天災等の影響に伴い開催が困難となった場合は全額返金いたします
ここから西鉄ライオンズ• 5ゲーム()• (1968)• 巨人とのでは、先に巨人に2勝3敗で王手をかけられたもののその後連勝し、4勝3敗で4年ぶりの日本一を達成する (2003 - 2017)• 1997年7月11日 - 13日まではが監督代行
(1952)• (1953 - 1955)• (1989 - 1997)• 4年ぶりの5位となる 投手陣は大洋から移籍のがチームトップの12勝を挙げるものの、エース東尾、前年11勝のがそろって不調
2014年は日米野球の日本代表に選出される この年の西武の開幕戦は西武主催試合だが、西武ドームではなくで行った
(2012 - 2018)• (1996 - 2002)• (2002途 - 2004)• 10月12日に命名権を持つ冠スポンサーが桜井義晃率いるグループ傘下のとなり、球団名が改まることが決定した (1965 - 1970途)• (1969)• 9月13日に近鉄に勝利し、そこで西武の優勝は決まったかのように見えたが、西武はそこから10試合を4勝6敗として、9月29日には近鉄に1. (1958 - 1959)• 近鉄がそこから1勝1敗で、2連勝が優勝の絶対条件となったの第2試合が4対4の引き分けに終わったことにより、2厘差(ゲーム差なし)で西武の4年連続リーグ優勝が決定した
(1968 - 1969)• 番号がゴシック体風書体となる(公式戦使用終了後は練習用として使われ、西鉄最終年のみ在籍していたがビジター用を着ている写真が残っている ) 投手では、、打者では、(トンタケコンビ)ら若手を起用
このシーズン終了後、田淵と山崎が現役を引退した (1998 - 2001)• 5ゲーム差の3位
なお、1950年は西日本パイレーツの本拠地としても規定されていた (2006 - 2015)• クライマックスシリーズ優勝 1回• 伊東監督時代 [ ] が、総合コーチから監督に昇格
5月30日(日)• (1955 - 1958)• (1990 - 2001)• (1984 - 1990途)• 西鉄・稲尾監督時代 [ ] 開幕直前、前年追放された永易将之が池永正明ら西鉄の6選手 が八百長行為を行っていたと暴露した 詳細は別途お申込みいただいた方へご連絡いたします
(2008 - 2019)• (2008 - 2015)• ビジター用は、上下ライトブルーで、胸ロゴ、胸番号、背番号は白 なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す
(1972 - 1973)• (1994 - 1997)• (1979)• (2007 - 2017)• さらに課題の先発投手陣も前年チーム最多勝のを筆頭に軒並み防御率4点台から5点台と不調で夏場には借金生活に入り、8月には5位まで後退する。 続く20日の第1戦は5対4ので3連勝すると、勝てば優勝となる第4戦ではとの継投で2対0で勝利し、5年ぶり5度目のリーグ優勝となり、福岡時代最後のリーグ優勝となった。 (1971 - 1973)• (1975)• (1968 - 1971)• - 埼玉西武ライオンズ(歴代選手も掲載)• (2020) は行 [ ] は• (1985 - 1992途)• (1987 - 1990途)• (1962) に• 1992年に大活躍して、チームは日本一に。 (1950 - 1957)• (2012途 - 2013)• (1983)• (2019 - 2021途)• (1994 - 1998)• :1回(2001年)• 後期は開幕から10試合で0勝7敗3分けで、その後は一時5割まで到達するものの、優勝争いに加わることなく5位。 川崎の移籍に関しては、巨人との契約が残っていたこともあり、当初巨人が移籍を認めず難航したが最終的に移籍させている。 (1951 - 1953)• (1962 - 1969)• 前期は終盤まで優勝を争うもロッテに敗れ2位に終わる。 のである。 (1955 - 1972)• 6月2日(水)• (1981 - 1989) ふ• 紐は青。
43