八 男 っ て それは ない で しょう エリーゼ。

56
ディートハルト・フォン・バルシュミーデ男爵 ヘルター公爵の腰巾着 すでに百数十年生きているが、人間の年齢で言えば4〜50代の中年である
の才に秀でており、ではイーナ・ルイーゼと共に前衛を担当している 魔王と言っても現在は完全な名誉職で実権は無い
母親似で爽やかな好青年 「某(それがし)」「~である」という独特の喋り方が特徴
王都のを借り切ってのを開催するも予選を突破した8人は全員敗退、国王からの勅命によって勝負することになったヴェンデリンに完敗、6人目の妻となった エリーゼが産んだ長男フリードリヒが成人すると、まだ30代ではあるものの隠居し、バウマイスター辺境伯を相続させる
実家の躍進のきっかけになるの管理権を自身がを取って引き受けると言いだし、王都にて大々的な入り婿の募集をかける 領主(ヘルマン)に対して不満があると騙って潜り込んだクラウスの内応によって失敗し捕縛される
幼い内から自分の食い扶持を賄う為に(魔物の領域ではない普通の森や海・川などに)狩り、、に出ていた 一卵性の四つ子でそれぞれ火・水・風・土の得意属性に合わせたローブを着ている
稼ぎを増やすべくアキツシマ島の開発援助の担当として出向してくる オーガス・リネンハイム ホーエンハイム枢機卿から紹介された不動産屋
96