軽度 知 的 障害 女性。

無意識に、自分より弱い存在に対して、自分のストレスなどをぶつけること。 55

そこからそのまま障害のない人として社会生活をするのか、療育手帳を取得し、知的障害者としてできるだけの制度やサービスを利用していくのか、メリットとデメリットを考えながら決断するきっかけにもなります。

中度: 中度の知的障害者では日常のコミュニケーションに問題はありませんが、複雑なものは制限を受けます。

また、知的障害は一般的に18歳未満の発達期に生じますが、軽度の場合、社会生活はそれほど困難なくできるために、医師の診断を受ける機会がなく大人になってしまうケースもあり、別の疾患が理由で受診し発覚するということもあります。

彼らの支援に必要なのは、 「盗みができない物理的な環境を用意する」ことです。

あのあうあう言ってる人達と同じ障害だという事が生理的に受け付けません。

86