吉林省 イナゴ。

インターネットで投稿された現地の写真を見ると、農作物だけではなく、柵や住宅、生産者の服までイナゴが隙間なく覆った。

、蝗害、干ばつと災いが続いている。

しかし、 インドやタイ、フィリピン、ベトナムなど各国政府は、緊急事態時に自国の食糧を確保するため、小麦やコメなどの輸出を規制していることから、十分な輸入は出来ていないようである。

5月と比べて18. 習近平政権は南シナ海の領有権を巡った、ベトナムやフィリッピン、インドネシア、マレーシアなどとの間で争いを続けており、香港に対して「国家安全法」を適用し「一国二制度」を崩壊させようとしているが、 今はそんなことをしている時でないことに、気づいていないのであろうか。

8%を占める東北3省である黒龍江省、吉林省と遼寧省で発生、このまま雲南省などにも襲来すれば、農業も深刻な被害を受けると予測されているそうです。

一方、中国国営中央テレビと中国紙・北京青年報は21日、湖北省宜昌市の三峡ダムの水位が引き続き上昇していると報道した。

08月• 14万5900ヘクタールの農作物が被害を受け、直接的な経済損失は40億4000万元(約609億円)に達した。

深刻な蝗害の発生と同時に中国南部の26の省市が洪水に見舞われ、コメやトウモロコシなどの食糧生産に大きな影響を及ぼしました。

通知には、ハルビン周辺の244ヘクタールの農地が被害を受け、ジャムス市近郊と樺川県でも蝗害が発生したと記されています。

45 78

同局の通達によると、4日までに 市管轄下の蛟河市、樺甸市、永吉県、龍潭区などの荒れ地や林を含む13. 食料自給率が先進国で最低レベルの日本は、食糧の多くを輸入に頼っている。

中国国内ネット上では、四川省などの水害で各地の小型ダムが決壊すれば、湖北省宜昌市にある三峡ダムが崩壊する可能性があるとの心配の声が上がっている。

偶然の一致が重なっていた。

日本も大きな影響を受けるはずだ。

ニュースソースも明記されていない。

しかし、今年、吉林省は干ばつに見舞われている。

東北部は中国の主要食糧生産地である。

遼寧省もイナゴの大群が襲う。

現地の人間は「 コロナウイルスが収束していないうえ、 地震や干ばつと災いが続き、 4月に入っても雪が降り、気温も 15度以上に急降下している。

7