恒常 的 意味。

「恒常的」の意味は「 いつも一定していて変化がないこと」です。

「恒久的」や「慢性的」などほかの類語との違いも意識しながら、使い分けてみてください。

70
「永続的」と「恒久的」の違い 「永続的」と似ている印象を覚える言葉に 「恒久的」というものがありますが、この言葉と 「永続的」には、言葉の解釈の違いが見られます。 ただ意味を代替することが出来るんだな、という認識だけで終わらせずに、それぞれの代替できる言葉を使う状況を想定した上で、恒常的という言葉を使ってどういう風に表現したら良いんだろう、という事を考えながら理解していくとより恒常的という言葉が使い慣れることが出来ますので、その点も含めて考えながら見ていきましょう。 そのため、この機会に恒常的という言葉を理解して知性に一層の磨きをかけましょう。 また、反対の言葉の意味を知っておけば、さらに言葉の引き出しが増えてたくさんの言葉を知るきっかけへと繋げることが出来ますので、この機会に反対の言葉についても理解しておきましょう。 「恒常的な仕事」の品質を守るためにも、組織を定期的に見直していき、仕事のマンネリ化を防ぐ事が必要なのではないでしょうか? 「恒常的な日常」と聞くと、皆さんどのようなイメージを抱きますか?刺激がない?マンネリ化?多くの人は、マイナスイメージを抱くのではないでしょうか。 しかし、まったく使われないと断定する事はできない言葉であり、よく本や文献などでは見かけることがあったりするので、理解しておかなければそのような状況の時に意味がわからないまま物事を解釈してしまう可能性があります。 恒常的に政府の財政を圧迫した主な原因は、過度な社会保障にあった このように、「恒常的」という言葉は 「課題」や「欠陥」といったネガティブな表現として使ったほうが自然に聞き取れます。 「恒常的」を使った会話の例文や短文 解釈• だからこそ、自分自身が何かきっかけがない限りは新しい言葉を覚えようとする事はビジネス上の延長くらいしかきっかけがありません。
44