ヒットマン マガジン。

真面目でお堅い性格 作風からまた、それぞれの漫画家のキャラクターが見えてきますね
本編では48歳 作中では「編集者の累計発行部数」および「作家のステータス」を戦闘力(スキル)として表示し、エピソードごとに細かく変動していたものの、中盤以降あまり表示されなくなった
天谷 栞(あまや しおり) 『』の脇役であり、画業10年以上の中堅作家 マガジン編集部で作家を募集していたところ、ちょうどストーリー漫画を描きたがっていた翼が選ばれる
【登場人物紹介3】ヒット作続々!剣埼龍之介が担当する漫画家たち ヒットメーカーの担当になり、ヒットマンとなっていく剣埼が担当する漫画家たち 栞の打ち切り作
「Blue Wells」のボーカル兼ベーシストであり、バンドリーダー 「Blue Wells」の大ファンであり、龍之介にバンドの存在を教えた張本人
ここでは、剣崎が担当する4人の漫画家について紹介します 『御島明日香物語』および『バリうま食堂桐島! 病弱であったが芯は強く、公私ともに夫を支える献身的な性格だった
読者モデルにスカウトされるなど、スタイル抜群で美人な女の子です 1巻までに新人漫画賞を獲得するという急展開ですが、その過程は順風満帆ではなく、苦難の連続
風夏 [ ] も参照 毎度、龍之介が舌を巻くほど激しいプレイに及んでいる
しかし、龍之介の交渉により4ページのショート漫画として連載開始
回想シーンによると、本編開始の約5年前までは『君のいる町』と同じ容貌だった 『Blue Wells物語』の漫画化に際し、担当作家を引き合いに出して連載を勝ち取ったが、先述の通り京極が週マガに移籍してしまったため、結果的に譲渡する形となった
編集者としては非常に優秀であるが、出世欲に乏しい 心機一転を図った
その他、スクリーントーン代を減らすなどの経済的な理由 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります
93