恭賀 新年 と は。

「謹」は「つつしむ 言葉の解釈に 「謹んで」と 「恭しく」という違いがあるものの、非常に丁寧な意味であることが共通しているので、年賀の挨拶では両方とも年賀の挨拶で使えるものです
今回は、「恭賀新年」と「謹賀新年」の意味と違いは? ビジネスや目上の人にも使える?についてご説明いたします! 目次• 「謹賀新年」と「恭賀新年」はどっちも、 立場が上の相手に使える言葉です どちらも丁寧な言い方ですから、あとはニュアンスの問題かと思います
目上の方に対しては楷書体、友人や同僚などに対しては明朝体のように、送る相手によって適したフォントを選ぶようにしましょう 年賀状は新しい年のご挨拶
1文字、もしくは2文字の賀詞は「4文字の略式」と認識されており、目上の方に対しては失礼にあたってしまうので、送る相手によって賀詞の文字数を変えるようにしましょう 「新春」や「賀正」などもよく年賀状に書かれている言葉ですが、これは「お正月ををお祝いします」ということを表しているだけなので、目上の相手への敬意を表すという意味では適切ではありません
「謹」と「恭」は、相手に対する敬意と丁寧な気持ちを表す語です でもこの表現はつい使ってしまいますよね?実際のところ一般的に使われている文面なので、目上の方へ出す年賀状でないのなら、そこまで気にすることも無いかも知れません
四字熟語の賀詞で代表的なものに、「 謹賀新年」と「 恭賀新年」があります ですので、謹賀新年など賀詞を添えた後は、 「昨年はお世話になりました」といった挨拶文を添えるのが、目上の方にも失礼にならない年賀状となるでしょう
絵柄を選んだり写真をプリントしたりと楽しいことも多いですが、文面を考えるのには頭を悩ませてしまう人も多いのではないでしょうか ・ 謹賀新年と恭賀新年の意味は?目上の人や上司にはどっちを使うべき? まとめ 年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉のことを「賀詞」といいます
ちょっとした細かい違いですが、改めて年賀状の文面を見なおして、失礼のないように適切な言葉を使いたいものですね 【5】年賀状で謹賀新年を英語で書きたい人に送る知恵袋 若い世代の方の中には、フランクな印象を与えるために英語でお祝いの言葉を添える方も見られます
87
ふたつ目の注意点は 「賀詞の選び方」です。 【注意点その2】二重賀詞にしない 二重賀詞とは、賀詞と同じ内容の文章を年賀状に記載してしまうことです。 • よく見られる失敗としては、「Happy New Year!」と書くべきところを、「A Happy New Year!」と記載してしまうケースです。 カラフルな年賀状は華やかなイメージを与えますが、年賀状には書体に関するマナーもあるので、どのようなデザインでも良いというわけではありません。 「 頌春(しょうしゅん)」:新年をほめたたえること。
81