コロナウイルス 日本 予言。

気に入っていただけたら情報拡散していただけると嬉しいです。
これは医学的な見地の予測ではなく、医薬品産業に関する知見からの予測なのです こちらのカードに描かれている建物、 武漢にある建物に酷似しているんです
しかし 三年目の1920年の冬、スペインかぜは世界中で終息に向かいます 一方で医学者の間では南半球の各国にも感染が広まっていることから夏場終息説は気休めにすぎないという意見もあります
一方で書籍発行後、コロナについてもさまざまなことが判明してきました 予言という言葉には非科学的で不吉なイメージが伴います
さらに、 悪玉菌が増加すれば、ますます老化が促進されるという悪循環が始まるのです…… 行政の対応が分かれて、東京都知事が「帰省はお控えいただきたい」と意見する一方で、安倍総理は記者からの質問に対して、国民のお盆の帰省自粛は特に求めませんでした
そうなればいずれは、ネットワーク空間でのやり取りがアバターやキャラクターに置き換えられるように 日本政府は、4月に予定されていた習近平国家主席の国賓訪日に配慮して、中国からの入国制限を徹底せず、いたずらに国内感染を拡大させた
「Plague of Demons」新型コロナウイルス (画像引用元:Twitter) 現在、世界中で流行している新型コロナウイルスを予言していると言われているのが「Plague of Demons」のカード その際、少しばかり協力して欲しいのだが大丈夫だろうか
現在のコロナ第三波が収束するのではなく、 コロナ禍自体が終息するというのが私の予測です 米国の著名なサイキックである ジョセフ・ティテル氏は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波を予言し、日本でもその名を広く知られることとなった
92

銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。

予言内容 昨年末、2020年の運勢について鑑定したゆうたろうさん。

言わずもがな、であるけれど、コロナパニックが起きている現在。

2016年に出版された著書にも「 2020年、東京オリンピックは開催されない!?」と記されています。

今後も上記で紹介した方々の発言に注目です! 今回予言していたと言われている占い師を紹介しましたが、予言はあくまで予言。

新型コロナの場合、夏の間にその勢力がいったん弱まるといっても、2020年がそうだったようにブラジルや南アフリカといった南半球では逆に流行が広がります。

書いたことが真実かどうかも気にしないようにしているようで、むしろ本人も読者として楽しんでいるといいます。

「(あれ? この光景、何かのドラマで見た??)」 最近、どうも物忘れが多くなってきた。

飲食店の夜間営業も再開されますが、まだ国民の間には疑心暗鬼の状態が広まっています。

最近では実は予言カードだったと有名に。

95
また、2011年の東日本大震災から9年目に「 関東大震災」が起きそうだとも感じているとのこと。 この前後から新型コロナのワクチン接種が始まります。 今なら、初回最大10分無料鑑定が出来るので、是非鑑定してもらってみてくださいね。 本書で語られた日本へのアドバイスとは? 1996年に逝去されていますが、生前はヨーロッパを中心として大きな影響力をお持ちでした。 果たして、どのような時代なのか? 「みずがめ座の持つネットワークが、木星の力によって拡大・発展していくと解釈すれば、5Gが普及してリモートワークやテレワークが恒常化していくでしょう。 MERS(マーズ)はまだ収束していない 中東呼吸器症候群MERS(マーズ)の大流行は、2012年9月の英国からの重症肺炎患者からの新型コロナウイルスがみつかったというWHOへの報告から始まっています。
36