伊勢 白山 道 ブログ まる ぞう。

・・・由来を知れば一生に一度は参拝したい御聖地 しかして太陽の一霊四魂を厳(いづ)の身魂と総称し、かつ霊主体従の身魂ともいふなり
以上を行じて初めて神のみ意を知り初むるものという 逆ですよ
古くから天照大神の遥宮(とおのみや)とも呼ばれている これは『天照大神』が、その鎮座地を求めて諸国を巡行していた倭姫命(やまとひめのみこと)に
・今は静観がベストな場合 』と記してある
この霊的な宝刀で、日本の霊的攻防を行う任務を 遂行していたのでしょう
忘れて下さい 宜しくお願い致します
大事なお知らせと __ __ 神宮と同じく、伊雑宮の鎮座由来譚(たん)にも倭姫(やまとひめ)が深く関わっている
アマゾンに、ログインせずに、メールで聞く方法を参考に ~検索を進めると・・ ・柔軟力を育てましょう 2010-02-12 10:50:00 写真は読者が昨日、伊勢の伊雑宮において写したものです
酒屋さんで「お酒を奉納したいのですが」と言うとお店のご主人は慣れたように 「大きいの?小さいの?」と聞きます。 「この神風の伊勢国は、常世の波の重波帰(しきなみよ)する国なり、傍国(かたくに)の可怜(うま)し国なり。 白山中居神社には、岩鏡(いわかがみ:太古は岩を磨いて鏡 とした)。 「生かして頂いてありがとう御座位ます」も、そのための大切なツールだと思っています。 一般には目にすることができない内宮の姿を、こちらを通じて拝することができる。 *シグナル第七 ・一霊四魂(いちれいしこん)が原動力=エナジー体 ・霊界物語ネット 出口王仁三郎・著『霊界物語』が無料で読める! ・霊界物語 第6巻霊主体従巳の巻 第5篇 一霊四魂 第二六章 体五霊五(たいごれいご)より。 海外との時間差で、リアルタイムでの交渉などが必要な場合は、 私も、外資系システムインテグレーターで、数十億円単位の プロジェクトでは、一時的に夜勤をしましたが、通常は、直接海外に 長期滞在して、現地で働く事になります。 大きな神社ほど、神職も巫女も、多くの人達と接する事に なりますが、その神性は失われません。 ありがとうございました。
94