ブラマジ デッキ。

おなじみ、リンとは場面によって使い分けるか、これだけを採用する形でも良いでしょう。

その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

どういったデッキが優勝したのかも紹介していきます。

序盤の最重要カードといえるでしょう。

過去の話らしくなるべくシンプルなデュエルにしてみました。

トラピは使う機会がなかったので、ランク3で場持ちのいいグランパルスに変更しました。

サーチできるカードは• 環境デッキを意識して構築する場合であれば、仰るように手札誘発や妨害系の魔法・罠を採用するほうが良いかと思います。

ブラックマジシャンデッキを構築する際の参考にして下さい。

特殊召喚が可能な《マジシャンズナビゲート》の3枚を中心に採用し戦っていくのが特徴です。

またこのカードがフィールドに存在する限り、自分の 《ブラック・マジシャン》が相手のカードの効果を受けなくなるという効果もあります。

閃刀姫を戦闘破壊すればチェーン1対象取らない除外、チェーン2姫蘇生となるので完全に封じれるのが強いので1枚 小回りを利くカードから、相手の場を一掃できるカードまで幅広くあるため、非常にバラエティに富んだ戦いができます
コン奪取のビッグアイはやはり頼れますし、相手を詰ませる真紅眼の鋼炎龍は地味に役に立つ場面もあります デュエルの中盤までに相手のデッキリソースをできるだけ消費させ、 《黒の魔導陣》+ 《永遠の魂》の布陣から一気に押し切ることを意識しましょう
この辺り、ブラマジが既に墓地に落ちている場合はブラマジガールは勿論、《守護神官マナ》の芽も出てきたんじゃないかな、と思います このカードがブラマジをデッキからSSすることを可能にしたことにより、ナビゲートによる手札からのSSは構築段階からして必要性が低くなる可能性があります
カイクウの採用 現環境の特定のデッキにかなり刺さります の眼を採用したファン寄りのデッキになります
その場に応じて使い分けていく形になります デッキのキーカードとその他おすすめカード デッキのキーカード. 環境デッキ等では定期的に推しているのを気づいている方いたら嬉しいなぁって思いますが、現状このデッキ構築に関しての部分は非常に気になる所が多いです
70