天理 よろ づ 相談 所 病院。

良い先生に巡り逢ったと思っています。

バリアフリー• 子どものセカンドオピニオンで小児科を受診しました。

鼻炎の手術を受けたところ、残念な結果だった。

設備は一流という評判を人伝てに聞いていたものの、残念ながら医師もそうだとは限らないものと思われる。

(昭和51年):本院の南別館新築により許可病床数1001床となる。

今後の治療方針や薬など丁寧に説明してもらえたので、親としても安心できました。

こちらの質問などは特に受け付けるつもりがないら. バリアフリー構造• その点は先生も手を施して下さったので仕方ないと思っています。

3年前に母が肺がんになり呼吸器外科で手術、放射線をしてもらいました。

本館と新館の間を無料でシャトルバスが走っているので 便利です。

(昭和46年):CCU開設(2床)• 初診と手術翌日の偉い先生の回診?以外はドクター、看護婦さん、スタッフさん、皆さん良くして頂いて有り難かったです。

73
(平成26年):外来棟の北隣に新入院棟開設 (昭和42年):ICU開設(7床)• 先日術後半年の診察を受け一旦これで術後の診察は終わりとなりました
良い先生に巡り逢ったと思っています かつては運営方針として救急医療を行っていなかったが、近年方針転換し救急医療を受け持つことになった
車椅子対応トイレの設置• 完全に矯正出来るものではないという説明も十分承知して手術をして頂きました ただ、忙しさから対応が悪い時があるので理解はできるもののちょっと残念な気持ちになります 検査の予約はすぐに一杯になるので、2日. アクセス方法 近鉄天理線・JR桜井線天理総合駅から徒歩15分 奈良交通憩の家病院バス停から徒歩1分 本院・南病棟 奈良交通憩の家外来棟バス停から徒歩1分 外来棟 奈良交通憩の家外来棟バス停から徒歩2分 東西病棟 専門医• あくまで個人の意見なので、症状が変わらないのであれば手術なんてしない方が良いという御意見も有りかと思います
天理よろづ相談所病院開設(当初許可病床600床)• (昭和41年):認可 退院前の検査も、若い研修医?のような人物に見させただけで、ごく短時間で済まされた
肺がんで手の施しようもない辛い立場の患者や家族の心をかきむしるような事をするのが、お仕事でしょうか?母親の命を軽んじられてるようで腹立たしくて悔しいです 血痰が出ている事をはなしたら、『ですから、治療終了と言ってたでしょ?急に予約もなしに来られても困りますよ?』と終始せせら笑い、大変不快に思いました
症状は少し改善されたと思います 術後の検査もどこかおざなり
斜視の先生は術前も術後もよく話を聞いて下さいました 3年前に母が肺がんになり呼吸器外科で手術、放射線をしてもらいました
点字による表示(視覚障害者への配慮)• (平成23年):公益財団法人認定 こんなこと普通あるのだろうか?肝心の効果はというと、片側の鼻腔はいくらか改善したものの、もう片側は数ヶ月経過しても効果が見られず
29
(平成15年):白川分院開設これに伴い、本院の病床が815床となる。 安心感を持てたので、継続をしての治療はここの病院でしようと思いました。 (昭和10年):前身の天理よろづ相談所が、よのもと会により開設される。 外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 関西でも有名な病院だけあって、医療設備が整っていて安心して受診できます。 総病床数は1001床で、うち303床が本館(南病棟)、512床が新入院棟(東病棟・西病棟)、186床が白川分院である。
30